トスブーケの行方

友人の幸せな姿を見ることができ、そして半年振りに実家にも帰り、よい週末でした。

さてさて、花嫁のブーケですがここ数年は後ろ向きに投げてそれをキャッチ!とかではなく、ブーケに数本のリボンをくくりつけそれを独身女性が1本ずつ選び、「1、2の3!」で引っ張って、ブーケに結びついたリボンをもった女性のところにいく、というのが定番です。

で、今回のトスブーケの行方は・・・?

「それでは独身女性、5名の皆様、前へお進みください」
そう司会者に言われて恥ずかしがる年齢はとうにすぎ、われら華の独身女性アラフォー5人組は恥らうことも無く起立、前進、さぁ、誰がどのリボンを選ぶ?
というところで、新郎側のテーブルに着席の幼稚園児(もちろん女児)が「わたしもやりたい」。
ここまで読めば落ちもわかるってもんですが。
「じゃぁどれがいい?」と一番はじめに選ばせてあげる我ら。結果。

「1、2のさ~ん!」

予想通りブーケに結ばれたリボンをつかんでいたのは幼稚園女児。
会場、笑っていいのか、どうしたらよいのか、ある種の緊張感を伴いながら一応拍手、おめでとう~~
我ら、「やっぱりなぁ」「そうおもっとった」「ピンク選んだ時点であっっと思った」
「やっぱ私らはこういう運命なんよ」

彼女が結婚する頃はもう私たちも定年退職の声を聞く頃。
第二の人生にかけますかな。ハハハ・・・

でもよい披露宴でした♪
Tちゃん、末永くお幸せに!

それにしてもドリンク。他のテーブル見てもワインを頼むとグラスで出てきているのだが、なぜ私が頼んだときはボトルで出されたのか!?
[PR]
by felice_vita | 2009-02-16 21:03 | 日々雑記
<< a tempo? 縁起物? >>