ひなまつり

3月3日は桃の節句。イベントごとにはどうも斜に構えてしまう人間だが、ひなまつりは好きだ。
3月という気候、桃の花、そしてお雛様という心が明るくなる要素が3つもつまっているのだ。
今年は忙しいらしく実家では雛人形は出していないらしい。
そして雛人形はやはり段飾り。
お道具がそろっていないと気分が出ない。子供の頃はこのお道具の火鉢やたんす、鏡台、お茶道具が面白く、かといってままごとの遊び道具のように手軽に扱うことはできないため、いつもそぉっと表面を触るだけだった。
ファンタジーにはよく人が寝静まった夜に会話する人形がでてくるが、雛人形はそのなかでもダントツにリアルだ。あれだけの人数がそろっていて、顔つきもついさっきまで動いて、話していたかのよう。今この歳になっても、我が家の雛人形たちは夜になると宴会をやっているんじゃないかと思っている・・・
[PR]
by felice_vita | 2006-03-03 22:51 | 日々雑記
<< 千歳界隈で時間をつぶす方法 シングルファザーよ、声を上げて >>