歌劇「トゥーランドット」@神奈川県民ホール

神奈川県民ホール・びわ湖ホール・東京二期会・日本オペラ連盟共同制作公演
2009年3月28日(土)14:00@神奈川県民ホール

指揮:沼尻竜典
演出:粟国淳
衣装:横田あつみ 衣装:合田瀧秀 照明:笠原俊幸
振付:松原佐紀子 音響:小野隆浩(財団法人びわ湖ホール)
舞台監督:大澤裕、牧野優(財団法人びわ湖ホール)
<キャスト>
トゥーランドット姫:横山恵子
カラフ:水口聡
ティムール:志村文彦
リュー:木下美穂子
アルトゥム皇帝:近藤政伸
ピン:晴雅彦 
パン:大野光彦
ポン:大槻孝志
役人:与那城敬

合唱:びわ湖ホール声楽アンサンブル・二期会合唱団
児童合唱:赤い靴コーラス
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

28日、29日とでダブルキャストのため、いずれの日にするかを大変迷いました。トゥーランドットをとるか、カラフをとるか。結局トゥーランドットの横山さんをとって28日を選択。
カラフがなぁ・・・中音域は安定してるのですが高音になると・・・これは好みの問題なんですけど。スポーツじゃないけどフィジカル的に日本人にはきついですね、この役。体力勝負。無敵の喉。
1幕でトゥーランドットを垣間見て彼女にすっかり魅了され、トゥーランドット!×3回名を叫ぶところ、カラフよりもペルシャの王子の声の方がよかったような気が。(ちなみに影声はびわ湖の竹内直紀さん)

姫(期待通り)とリューは安定していました。若手テノールのホープ与那城さん、あのマスクからもっと甘い系を予想していたのが硬派な声だったのが意外。近未来の衣装もよくお似合いで、これから年とともにどんどん声にもお芝居にも磨きがかかりそう。あとアルトゥム皇帝、舞台後方で歌われるときでも声がよく通る美声、存在感もあって今日のキャストの私的ベスト1です。
合唱はさすがに、うまい。むしろうますぎる、整いすぎたのが瑕疵って言える位。熱いものが伝わる前にそろい過ぎ。
北京のポポロ、残虐性をあわせ持つにはあの統制の取れすぎた合唱は冷静すぎて・・って贅沢ですかね。
でもプーティン・パオ、や、名前を告げろ、を連呼するところ、何度目になってもやっつけ的だれたところが出ない、さすが。

リューの死のところでは、あちこちからすすり泣きの声が。1幕の”お聞きください・・・”は1つ1つの音符を丁寧に歌いすぎてアリア全体としてのメロディのよさが消えてしまってましたが、3幕”氷のような姫君の・・・”になると断然声の調子が上がっていました
ところで木下さんの後援会ってすごいんですねぇ。ホールは行ってすぐにお花も届いているしチラシの中に後援会入会のご案内も入っていたわ。ブラヴァの声かかったの、木下さんだけだった。

でもでも。
本日の大殊勲はやっぱり指揮の沼尻さんです。
いやぁ、指揮者って仕事はかっこいいなぁと初めて思いましたよ、指揮者ってすごいって思うことはあってもかっこいい、って思ったことはあんましなかったんで。
私は3階の片翼前方でちょうどオケピットもよく見えて、特に幕の終わりは音楽も盛り上がるので、そのあたりからはむしろ舞台上よりも指揮とオケばっかり見てました。歌い出しの棒入れとかクライマックスに向けて怒涛のように揚げるところ、キャーってかんじですよ。
終演後、沼尻さんが急ぎ足に舞台に向かわれた後、オケも一斉にハケるのでオケもカーテンコールにのるのか?と思ったらそうでした。
ソリストがカーテン前でカーテンコールを済ませた後に幕があがると、オケのみなさんが舞台前方から後方まで段々にずらり。特に前方金管隊のみなさん、楽器を「砥石を回せ」の装置に見立ててえっこらさ、のポーズ。とってもいい雰囲気でした!

神奈川県民ホールからは横浜港が一望でき、びわ湖ホールとはまた違った味わいのある借景。
終演後は港に沿って散歩して中華街に出て豚まん食べて帰ってきました。横浜ってほんと神戸とおんなじだ、とデジャヴです。
横浜、いいなぁ。県民ホール、なんとなくフェスを思い起こさせるし。

舞台セットも衣装もとっても凝っていて、びわ湖2回、神奈川2回で終わってしまうのが本当にもったいない・・・ もう1箇所、愛知あたりを増やせないものでしょうか。

昨年は神奈川県民ホール・びわ湖ホール、確かベルリンコーミッシューオーパーのアンドレアス・ホムキ演出、CoProでのばら騎士で、まだ東京にきたばかりで泣く泣くスルーしてしまったのですが、やっぱりすごくよかったみたいで見なかったことを後悔。今年はトゥーランドットでしたが、来年は再びベルリン・コーミッシュ・オーパーの演出家(まだそのはず)アンドレアス・ホモキ演出でボエームだそうです。
[PR]
by felice_vita | 2009-03-28 20:29 | オペラ・オペレッタ
<< 世界フィギュア、ミキティ万歳 スカラ座のドン・カルロ! >>