5月は恐い・・・

秋シーズンの来日オケの発売日が軒並み重なる5月。
スカラ座で打ち止めのはずが、バイエルン、ゲヴァントハウス、そして11月末からのゲルギエフ様の来日週間。
マジでやばいっす。

Deutsche Oper Berlin掲載のマリインスキープロ振るゲルギー(@マリインスキー劇場。お気に入りの一枚(笑))
f0041305_2114780.jpg

ほんまは白夜の星国際芸術祭行くつもりで年明けから探ってたんだが、ロシアでの単独旅行の難しさ、このシーズンの目をむくようなホテルの価格設定(1泊7万ってあんた・・・)にあえなく断念。公演チケット自体はめちゃくちゃリーズナブルなのに悔しい限り。

4月22日に発売になったばかりのガランチャ&ネトレプコでのカプレーティとモンテッキのCD、現物ジャケット見ただけで心臓バクバク。

f0041305_21125885.jpg

ガランチャ、かっこよすぎる!!! ネトレプコになりたひ・・・と思ってしまった。(ネトレプコが心なしか藤原紀香に見える) ティートの慈悲にしろ、ばら騎士にしろ、彼女がズボン役やるとはまりすぎて恐い。
この2人はお互い美貌に美声、演技力も兼ね備えたスーパースター。
人心を惑わすネトレプコ、どんな淀んだ空気も切り裂いて届くガランチャの声。最強だな。
ガランチャの初来日は2003年新国立、ホフマン物語だったのか。今度のチェネレントラ、カサロヴァではなく彼女で見たかった。METではすでにこの役でデビューしてるしさ。とはいえ、もうどっかの引越しくらいでしか来てくれないだろうなぁ。
このライブ録音はウィーン交響楽団だが、ついこの間はロンドンのロイヤルでネトレプコ相手に(途中降板で中村恵理さんが代打!)上演されてたそうな。
嗚呼、ガランチャのロメオが見たい・・・9月頭、ベルリン行きますかい!?
[PR]
by felice_vita | 2009-04-26 21:03 | 海外オケ
<< 新日本フィル 第444回定期@... 東フィル 第45回オペラシティ... >>