ベルリンの空の下

世界陸上、女子マラソン、尾崎選手2位銀メダルおめでとう!
昨日の男子に続き、何度見ても美しいこのマラソンコース。緑溢れ、清潔感溢れるベルリンの街。先進国の首都とは思えない。
ああ、行きたい・・・ やっぱドイツって最高!

ラスト3キロ、手に汗握る展開、連呼される「ウンター・デン・リンデン」に舞姫を思い出す。
舞姫に描かれる風景そのままの今回のマラソンコースです。

*****
余は模糊(もこ)たる功名の念と、検束に慣れたる勉強力とを持ちて、忽(たちま)ちこの欧羅巴(ヨオロツパ)の新大都の中央に立てり。何等(なんら)の光彩ぞ、我目を射むとするは。何等の色沢ぞ、我心を迷はさむとするは。菩提樹下と訳するときは、幽静なる境(さかひ)なるべく思はるれど、この大道髪(かみ)の如きウンテル、デン、リンデンに来て両辺なる石だゝみの人道を行く隊々(くみ/″\)の士女を見よ。胸張り肩聳(そび)えたる士官の、まだ維廉(ヰルヘルム)一世の街に臨める(まど)に倚(よ)り玉ふ頃なりければ、様々の色に飾り成したる礼装をなしたる、妍(かほよ)き少女(をとめ)の巴里(パリー)まねびの粧(よそほひ)したる、彼も此も目を驚かさぬはなきに、車道の土瀝青(チヤン)の上を音もせで走るいろ/\の馬車、雲に聳ゆる楼閣の少しとぎれたる処(ところ)には、晴れたる空に夕立の音を聞かせて漲(みなぎ)り落つる噴井(ふきゐ)の水、遠く望めばブランデンブルク門を隔てゝ緑樹枝をさし交(か)はしたる中より、半天に浮び出でたる凱旋塔の神女の像、この許多(あまた)の景物目睫(もくせふ)の間に聚(あつ)まりたれば、始めてこゝに来(こ)しものゝ応接に遑(いとま)なきも宜(うべ)なり。されど我胸には縦(たと)ひいかなる境に遊びても、あだなる美観に心をば動さじの誓ありて、つねに我を襲ふ外物を遮(さへぎ)り留めたりき・・・
*****

森鴎外の見たベルリンと今日テレビ越しに見るベルリン、あんまり変わっていないのではないのだろうか。
ヨーロッパの風格也。

総選挙の投票日はサイトウ・キネンなんで今日は期日前投票へ。ひっきりなしに人が訪れ大盛況。
[PR]
by felice_vita | 2009-08-23 21:03 | 日々雑記
<< OLランチ 勝ちて帰れ >>