読売日響第485回定期@サントリー

読売日本交響楽団 第485回定期演奏会
2009年9月30日(水)19:00 @サントリーホール

指揮:スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
コンマス:藤原浜雄
モーツァルト:交響曲第41番 ハ長調k.551<ジュピター>
ショスタコーヴィチ:交響曲第11番 ト短調 作品103<1905年>

前半、キュートなモーツァルトのジュピター。オフィスの引越しやら外勤に重なって仕事もピークに突入、なんだか疲れ気味でサントリーホールに向かったのですが、モーツァルトで夢うつつ、このおかげで休憩挟んだところで気分もすっきり。
後半、ショスタコ11番、トランペットソロが2度ほどすべったところもありましたが、あの緊張感漂う箇所ではほかの楽器でもソロを演奏するのでさえがちがちでになるでしょうし、あまり気にしないことにしませう。
とにかくスクロヴァチェフスキさんの指揮にこれでもか、と応える読響。特に打楽器(パーカッションとシンバル)が要所要所をしっかりと締めて(煽って?!)、tuttiでの爆発的な音楽も隅々までコントロールされており心地よいの何の。力強いことこの上ない。
イングリッシュホルン(オーボエと勘違いしてました。違いのわからない女です)はまろやかで、なのにかなーりの大音量、どうやったら両立できるの。
曲が終わってから一番に起立指示あったのも彼でした。
どのパートもノリノリ、あとやっぱヴィオラ陣だよな~ 弓の上げ下げ、かっこええ。

鳴り止まない拍手。スクロヴァチェフスキさん、86歳。何度も舞台に呼び出され、最後はコンマス藤原さんを引っ張って全員お開きよ。
それでも拍手はおさまることなく、ラストお一人で登場されたのでした。
ショスタコ聴きながらスクロヴァチェフスキさんってハリー・ポッターに出てくるダンブルドア校長みたいだなぁと。
みんなに気を配りながら、みんなに頼られて、実力もあり、身体を張ってチームを守る!
2010年3月をもって常任指揮者を退任。
ラストは3月、ブルックナー8番!
[PR]
by felice_vita | 2009-09-30 23:59 | 国内オケ
<< 最近読んだ本 東フィル第48回東京オペラシティ定期 >>