風邪はひきはじめが肝心

2月末からひいた風邪がなかなか治らず、ようやく病院へ。
だんだん扁桃腺も腫れてきたので内科にするか耳鼻咽喉科にするか迷ったのだが、今回は耳・のど・扁桃腺すべて症状があるため耳鼻咽喉科へ。
自宅近くだと午後の診療が早いため初診で梅田にある病院へいったのだが、花粉症の季節だからかかなりの人が受付で待っていた。でも診療時間ぎりぎりでも快くみていただき、結果はなんと「急性蓄膿症です」。蓄膿症なんてはじめて。どうりでいつまでもズルズルとまらないはず。
耳も鼓膜が倒れてしまっていて鼻と耳とをチューブでつないで空気を送って復活。すごいものです。
お薬ももらってすっきり。原因、病名がはっきりすると気持ちも軽い。さっさと行っておけばよかったのだが、やはり風邪はひきはじめが肝心。危ないなと予兆を感じた時点で病院へ行っていればその分症状も軽く早く収まっていたはず。これから気をつけなければ。
[PR]
by felice_vita | 2006-03-14 20:09 | 日々雑記
<< 技術者の終わらない夢 医者にもいろいろありますが・・... >>