東京のオペラの森2010 ムーティのカルミナ・ブラーナ

やっぱ、ムーティは帝王だわ。

f0041305_22265287.jpg東京・春・音楽祭 -東京のオペラの森2010ー
≪カルミナ・ブラーナ≫
2010年4月10日(土)18:00
@東京文化会館 大ホール

指揮:リッカルド・ムーティ
管弦楽:東京春祭特別オーケストラ
合唱:東京オペラシンガーズ
児童合唱:東京少年少女合唱隊



ソプラノ:デジレ・ランカトーレ
カウンター・テナー:マックス・エマヌエル・ツェンチッチ
バリトン:リュドヴィク・テジエ
合唱指揮:ロベルト・ガッビアーニ
児童合唱指揮:長谷川久恵

■曲目
モーツァルト:交響曲第35番 二長調 K.385 《ハフナー》
オルフ:世俗カンタータ《カルミナ・ブラーナ》

散りかけの桜、でもまだまだ大勢の花見客がいる上野公園を1時間ばかり散策し、いざ東京文化会館へ。

メンバーはティムパニのゼーガスさん以外All日本人なのにムーティが指揮台にたった途端、東京文化会館はまるで欧州のコンサートホール(ザルツブルクのイースター的)に。春の陽だまりのような、やさしく軽やかで表情豊かなモーツァルト、音楽って本当に指揮者でこんなに変わるものなのだ、とあらためて実感
そして休憩を挟み、本日のメイン、カルミナ・ブラーナ。
第1音(第1打)がホールに高らかに響いた瞬間、ものすごいパワーが顔面にぶつかってきて鳥肌が。ティムパニの乱打とともに心臓バクバク。
全編、すごすぎて(ムーティの支配力が)、何をどう書いたらよいのやらわからない。とにかくすごい、すごいぞ、ムーティ。
何をおいてもムーティ。ムーティにはじまり、ムーティに終わる。

東京オペラシンガーズ、ブラヴィ、少年少女も声の質がうまく揃っていてうまい!
ソリスト、さすが。まずバリトンのデジエさん、プロフィールによると、ムーティ指揮でスカラ座でカルミナ歌ってるので信頼も厚いのですね。こういう歌モノというか詩歌集を音楽にするのはどこか客観的な謡いぶりになるかと思うのですが、デジエさんはあるときは物語語り手、ある時は物語の中の人物として、まるで演奏会形式オペラのようなドラマティックなものに仕上げていました。
カウンター・テナーのツェンチッチさん、まず男前(笑)!ウィーン少年合唱団にいらしたのですね。まったく無理がなく、しかも美しい天使のカウンター・テナー、歌うのは1曲だけなのに存在感がありしっかり美しく爽やかな声の記憶を残しています。
そしてランカトーレ嬢。お人形さんみたいでラブリ~、二の腕がぷにぷにしていて気持ちよさそうです(危ない)。私は今回が彼女の声聴いたのは初めてなのですが、彼女のレパートリーから予想していたよりも癖があるというのか、とにかく高音が見事と聴いているのにこの声で高音?!と思っちゃう位に喉に結構負担かかってそうな声。なのに、高音、すごかった。血管切れそうな”いとしいお方”を超絶な高音ピッチで完璧に歌い上げ、ムー帝もご満悦でしょう。確かにすごいソプラノだ。しかも声に特徴、個性があるのでオペラもよいでしょうが歌付きオケ曲なんかぴったりでしょう。日本にはコロラトゥーラでこういう特徴ある声ってまずいないですね。

オケについては、「ムーティの表現ツール」の役割を完璧にこなしたと書いておきます。東京春祭特別オーケストラという名前がついていますが”ムーティ東京ハルサイオーケストラ”というほうがぴったりかも。
よく見かける人たちですが、所属先や個人のカラーを一切消し去り、ただひたすらムーティのカルミナのために全力投球でした。

でもやっぱりブラヴォ、ムーティのコントロール。合唱、ソリスト、オケを複眼的、千手観音のような棒さばきで交通整理しており素晴らしい!骨太なムーティの音楽!
この曲もヴェルレク同様、有名なのにどこかつかみどころがないというのか、運の女神よ(ヴェルレクなら怒りの日)の印象が強すぎてその他のポイントが押さえられないのですが、今日聴いて帰ってきて、この曲の主役は合唱の内容、場面にあるのかな、なんて思いました。

♪東京春祭特別オーケストラ
コンマス:堀正文
ヴァイオリン:磯祥男、上田真紀郎、宇根京子、永ノ尾文江、大林修子、海和伸子、加藤洋子、小林玉紀、酒井敏彦、佐分利恭子、篠原智子、島田真千子、白井篤、須貝万紀、田口美里、徳井えま、長原幸太、中村静香、西野ゆか、船木陽子、松井利世子、松野弘明、水谷晃、向山敦子、山岸努、山口裕之、山本翔平、吉岡麻貴子、渡部基一
ヴィオラ:安藤美佳、安藤裕子、大島亮、小野富士、小林明子、生野正樹、鈴木学、須田祥子、店村眞積、中竹英昭、林康夫、吉田有紀子
チェロ:荒庸子、植木昭雄、上森祥平、江口心一、桑田歩、田中愛、灘尾彩、長谷部一郎、藤森亮一、山内俊輔
コントラバス:伊藤祐子、稲橋賢二、岩田貴弘、佐野央子、高橋洋太、本間達朗、望月香名子、吉田秀
フルート:秋山君彦、倉田優、小池郁江
オーボエ:荒絵理子、池田昭子、大谷恵子
クラリネット:鎌田広、亀井良信、三界秀実
ファゴット:岩佐雅美、水谷上総、森田格
ホルン:有馬純晴、今井仁志、勝俣泰、和田博史
トランペット:井川明彦、神代修、内藤知裕、宮澤聡弘
トロンボーン:黒金寛之、古賀光、新田幹男
チューバ:佐藤潔
ティムパニ:ライナー・ゼーガス
パーカッション:井手山達、久一忠之、松下真也、安江佐和子、横田大司、渡辺壮
チェレスタ:楠本由紀
ピアノ:相川陽子、小林万里子

ほとんどN響メンバーだよなと思いつつメンバー表みてびっくり、長原幸太氏(大フィルコンマス)の名前が!やりますなぁ。コンマス堀さんの真後ろの席でしたよ。
でもN響、本日の定期ブロムシュテットさんのマラ9、どんなメンバーだったんでしょう??
(因みに私はブル5のB組)
[PR]
by felice_vita | 2010-04-10 22:24 | 国内オケ
<< 東京フィル第785回サントリー... 春、らんまん >>