映画「のだめカンタービレ最終楽章 後編」

レディースデーなので行ってまいりました。

のだめカンタービレ最終楽章 後編 公式HP→http://www.nodame-movie.jp/index.html#/top

前編から待つこと4ヶ月、でも待った甲斐がありました。
後編は音楽要素よりも2人の恋愛模様を描いている、ということだったのですが、音楽、十分楽しめます。
のだめのピアノは全てランランが吹き替え、それがぴったり!特にショパンのピアノ協奏曲は素晴らしかった!公式HPによると、モーツァルトの2台のピアノのためのソナタは両パートともランランが演奏しているらしい!すごいぞランラン。
ちなみにファウスト交響曲のテノールは英国オーディション番組ですっかり有名になったポール・ボッツだそうな。(グランプリファイナルの”誰も寝てはならぬ”歌ってたのも彼でしたっけ?歌手名が出ないのでいつも誰だろうと気になりつつ、でもオペラ歌手の歌い方とはちょっと違うよなと思ってたので)

前編の1812のような、長い、コンサートホールでのシーンは確かにないものの、全編を通して常に音楽が流れていて退屈しません。
それにパリ、プラハの美しい風景がこの音楽と一緒になってスクリーンを覆うのですから、一瞬たりとも飽きることなくラストまで堪能しました。パリの観光案内みたいな要素もありましたし。
パリ、プラハもこれ見たらめちゃくちゃ行きたくなります。
あと、のだめはもちろん、清良、ルイのステージ衣装も素敵です。特にのだめのショパン協奏曲デビューの紫のドレス、あれ欲しい。(どこに着ていくんだ)
千秋の手料理の腕前もすごいし。
でも何よりストーリー、人物の内面までよくもまぁあれだけうまくまとめたよな、と。

後編、本当に良い出来です。
[PR]
by felice_vita | 2010-04-28 21:17 | 映画・テレビ
<< GW オペラ『愛の妙薬』@新国立劇場 >>