就活終了

f0041305_20191840.jpg

就職、決まりました。
お祝いにロゼのスパークリングとピノ・ノワールを買って乾杯(一人でそんなに飲むか)!

4月からシュウカツスタート、やはり年齢的に40前ともなると本当に厳しかったという印象ですが、経験業界・職種であれば、決まるときは決まるものですね。
退職直後はまだ全然わかっていなくて、応募するたびに一つずつ書類をリバイズし、最終的には経験職種でのキャリア採用となりました。事務職は人気が高い上に高齢での転職となると(驚くなかれ、事務職には掲載直後でも200名もの求職者が応募)、応募に当たってどうすれば目に留めてもらえるか、本当に自分が何が出来るかを吟味しないといけないのですね。たったそれだけのことなのになかなか気がつかず(書類で落ちるばかりでどこが悪いのか想像するしかなかった)、面接にいたってその中で「そうだったのか!」と気づいた始末。
とはいえ、それを気づかせてくれた企業で、先方からも「年齢的には当社の希望よりもかなり上(おそらく7歳くらい)、そうなると業務を覚えること、体力的にもかなり厳しい」ということを面接でもお聞きし、「なるほど、若い子が希望されるのにはそういう理由もあるのか」と納得、こういう詰め合わせから結局今回の採用にいたった訳なのですが、本当に色々勉強になりました。
失業保険がきれる寸前(いまは就職が難しいということで40前でかつ会社都合の退職の場合は更に給付延長もあったのですが)に決まりました。3ヶ月なんて、驚くほど早いです。もうそんなにたつのか、と怖いくらい。
自分はもちろんですが何より家族を安心させることができよかったなと思います。

人生に無駄なことはない。
経験したことすべて、仕事をやめたタイミングや、外遊含め、すべてがつながったいるのだな、というのが、今回の感想です。
くさることなく探していれば必ず見つかります。
大阪時代に自分の能力のいたらなさ、限界の壁にぶち当たって職を離れることとなりましたが、今度こそ年季を積んでパワーアップした自分で挑めればと思っています。

業界上、これまでのようにコンサート三昧はまず無理なのですが、その分今度は絵画とか彫刻とか、静止した対象芸術の理解を深めたいと思います。
[PR]
by felice_vita | 2010-07-09 20:19 | 日々雑記
<< ドイツの3位 もう準決勝 七夕よりもW杯 >>