ロマンティシズムの極み

シューマンのピアノ協奏曲を聞いております。
(アッバード&Pfピリス。そういや約10年前NYフィルのデュトワ&アルゲリッチを多分駄目だろうと思ったけどチケットとっていったらやっぱりアルゲリッチはキャンセルだった・・・代役覚えてないっす)
ほとばしる激情、これぞロマン派、ロマンティシズムの極地でございます。いまはやりの「女子力アップ」にぴったりのクラシック。
ショパンのピアノ協奏曲ももちろんロマンティックですが、シューマンの方はなんかもっと秘め事めいてるのですよね。ショパンが直接相手に愛を告白する音楽だとすると、シューマンは相手にそれを伝えられず自分で抱え込んで気持ちの持って行き場がなくなって悶々としていて、心臓の内壁をひっかいてのた打ち回っている感じです、私の印象として。
悩みの内容が恋愛ではないとしても、自分で八方塞がりな状況にあるときにはふさわしいなぁ。
こういう秋の、小雨降る、くらーい夜にはこれまたぴったりです。

母と妹、午後の便で帰って行きました。
私は実質23日と今日の午前中調布市内を案内しただけでしたが、しょっちゅう遊びにきている妹がアテンドして母を連れてってくれたのでまあよかったかなと。
連ドラ、昨日で終わっちゃいましたが一応話題の調布、でしたのでね。あ、秋には映画も公開されますし。調布には「ぬくもりステーション」なる観光案内所もできちゃっていて、毎日盛況のようです。お土産も意外に充実してますよ。

私も久しぶりに色々話し相手ができて楽しかった。転職してから毎日仕事終わって電話している!のですが、やっぱストレスたまってんな。。。 今まで電話なんてそんなにしたこともなかったのに。
誰でも悩むんだなと思ったのが10年連続200本安打のイチローの報道みて。朝なんと調布駅でも号外出ててびっくりでしたが、記録と同時に、いやそれ以上に孤独と闘っていたのですね。。。

マエストロ6のアッバード、10月1日で終わりなんだ、、、行けるかな。
あ、ダ・ヴィンチで連載してた「テレプシコーラ」終わっちゃいましたね。あれが結末??まだまだサイドストーリーありそうですが。

と、ここまでぽつぽつ書いてきたら第3楽章。シューマンのこの曲って去年まで全然興味なかったのにものすごーく感じ入るものが。
修学旅行でいく歴史名所もそうですが、大人になってからようやく見えてくるものってあるんですよね。
明るい曲調に、明日への希望も見えてきたかな。ああ、それにしても本当に気持ち全開、溢れるロマンティシズムに涙でます。この後にバラ騎士のラスト、愛の3重唱、夢なのかしら、、、を聞いて〆。
私もがんばって気力上げんとな。
[PR]
by felice_vita | 2010-09-26 22:16 | 日々雑記
<< 2010年上半期終了 1年3ヶ月 >>