せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~Volume60

すっかりはまってしまったサンデーマティネです。

2010年12月5日(日)11:00@せんがわ劇場

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート
~午後への前奏曲~Volume60

《出演》
松井康司(バリトン)、東井美佳(ピアノ)

《演奏曲》
「シューマン生誕200年+H.ヴォルフ生誕150年記念企画」

ロベルト・シューマン
歌曲集『ミルテの花』より「献呈」「くるみの樹」「君は花のように」
「二人の擲弾兵」(詩:ハイネ)
クララ・シューマン
「美しさゆえに愛するなら」
フーゴー・ヴォルフ
「散歩」(詩:メーリケ)、「セレナード」(アイヒェンドルフ)
『ゲーテ歌曲集』より「ねずみ取りの歌」「エピファニアスの祭」

楽器もいいですけど歌もいいもんです。1曲ごとに解説していただき、歌曲の理解がますます深まります。
ドイツ歌曲って、イタリアものよりもディクションがなってないと駄目、そうなると通常の自分の声域よりも少し低めのほうがよいのだな。
そしてオペラアリア以上に表現力がないと歌えませんね。松井先生はさすが!です。
勉強になります。

先週末は仕事だったんで、この2日間はひたすら家で休養。歳とともに無理がきかなくなりました・・・
昨日はFMでN響中継、さきのショパンコンクールで優勝のユリアンナさん登場。ロシア、バレエも音楽もかつての栄光がもどってまいりましたね。
今日はサンデー・クラシックでこれまたショパンのPf協奏曲1番。こちらの演奏はネルソン・ゲルナーのピアノ、指揮フランス・ブリュッヘン、管弦楽:18世紀オーケストラ、録音は今年2月でポーランド・ワルシャワのフィルハーモニー コンサートホールで。ラジオなのに残響が美しくって。いい演奏でした。
駆け込みでいろいろメモリアル・イヤーしてます。                                             
[PR]
by felice_vita | 2010-12-05 17:59 | ソロ、リサイタル
<< 作曲家マゼール 本日の一本 >>