ロシア÷(イタリア×オーストリア)=?

パッパーノ指揮のウィーンフィル、曲の組み合わせを云々するまでもなく、ぎりぎりショスタコスタートと同時に帰宅、スイッチオン。

昨年のゲルギエフ&マリインスキーの怜悧で鋭角な10番が強烈で、それに比べるとウィーンフィルのものは、楽曲より先に”ウィーン・フィル”が来てしまう、良いのか悪いのか、これは好みの問題でしょうが、シャープな中に軽快さと豊穣さがあいまって、まるでニュー・イヤー・コンサートを聞いているみたい。
なんと典雅なショスタコーヴィチ。「会議は踊る、されど進まず」

この曲聞きながら、記念すべき小澤さんの2002年のニューイヤーでのヘルメスベルガーの悪魔の踊りを思い出したのでした。
[PR]
by felice_vita | 2010-12-08 22:26 | 海外オケ
<< 楽しい音楽の時間 作曲家ブーレーズ(!) >>