感謝の歳

昨日、ひとつ歳を重ねました。ブルックナーNr8の初演日だ!(12月生まれにとって、数え歳の風習は「ふざけるな!」です。)誕生日にまずしたことは、インフルエンザの予防接種です(笑)。

2010年は激動の年でした。
退職、シュウカツ、転職、怪我と色々ありましたがほとんど仕事関連でバタバタした1年。転職してからも、このまま続けられるのかと試用期間中の退職を何度も考えたのですが、「先のことを思い悩むな」、その日1日を一生懸命過ごす毎日です。
東京にきて3年ですが、ここ2日で、「こんな世界があるんや~~~」という世界を垣間見て、都会の格差社会を実感しております。(初めて代官山にもいきました。なんか岡本~夙川みたい)
あ、でも思い返すと「格差社会」は東京というか大都市圏に限ったことで、どんどん別の意味での都会と地方の格差が激しくなっているのかな。実家に帰ると、東京とはまったく異なる尺度で物事が進んでいて、そうしたところに県民の生活があるので。(ああ、でも、新卒者の就職難は全国的で気の毒だと思います)

以下不惑1年前のつぶやき。

・民主党には期待できない。小沢氏ってなんなの!?あなたがどれだけ国民の対民主イメージ悪化の要因となっているか意識したことがあるのか?
・民主党へ。子ども手当て、高速1000円、法人税減税、その他諸々・・・財源はどこにある?法人税減税も絶対に内部留保で終結。一時期景気を持ち直した時期もあったのに結局社員への還元とならずデフレは進む、昇給もなし、ボーナスもかわらず。
・吊広告で「日本7000万人社会の云々」を目にしたが、日本の国土、海外の産業移転、自給率を考えるとこれくらいの国民人口が妥当かと。
・私が高校時代に「これからは中国の時代」と言われてきて、この2年でようやくそれが本物に。同様に、「これからは地方自治の時代」と言われて久しいですが、これは絶対、3,4年中にはそうなると思う。東京一極集中は終わりに近づいていると思う。地方都市というか地方住民は、企業の内部留保ならぬ、財源の家庭内留保を実は着々とやってるんでないかな。
・海老蔵よりも、尖閣諸島とか北方領土問題だと思うよ・・・ ”バッシング”って横文字にしただけで、実は”いじめ”でしょう?(注:私は海老蔵ファンでもなければ擁護派でもないので念のため。)
・AKBは黙殺せよ。大人文化の国へ!という希望はとっくに捨てましたが、またぞろ逆コースは避けたい。

ブルックナーにはまりまくり、今はミサ曲ハ短調に夢中。この曲、どっかの合唱団で練習してないですかねぇ。
朝比奈さんの1983、大フィル、東京カテドラル聖マリア大聖堂、素晴らしい。
このヴァイオリンソロはどなた???もう泣き鳴きのカンタービレ。ブルックナーは教会の残響できくのがふさわしい。
[PR]
by felice_vita | 2010-12-19 17:07 | 日々雑記
<< こ、これを公共放送で流すか… 楽しい音楽の時間 >>