調布映画祭 2011

調布は映画のまち、なのです。
まもなく調布市民4年目に突入する私ですが、ちょっと歩くだけで撮影所があったり、舞台・衣装とか映像関係の会社があります。撮影現場になっているお店や景色も多いし。
そしてこの調布映画祭、今年は3月2日~6日まで開催されているのですが、太っ腹、全ての作品が無料なのです。今回は全28作品。
プログラムはこちら↓
http://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=19891#1_0

さきほど「オーケストラ!」を見てきました。
グリーンホール大ホールでの上映です。老若男女(といっても字幕なのでさすがに子どもはあまりいない)、いいかんじに集って、なんか昔の映画館~です。しかも始まるまでのCM、日活の学生さんが撮影されたのですね、調布の商店街の数々が紹介されていて、こういうのも本当にほっこりして、調布ってほんまにええとこやな~と思いますね。

で、オーケストラ。
見逃した作品だったので本当に得した気分。
しかも、私これ、フランス語か英語だとおもっていたら、なんと殆どロシア語でフランス語が場面に応じて混ざる程度。こんなにロシア語を浴びたのは生まれて初めてで、それもまた面白い体験。
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲、やっぱ名曲。

明日は最終日ですが、朝からコナンとか南極料理人、沈まぬ太陽など上映されます。
遠方からお越しの方も結構いたようです。市役所前で観光物産展も開催されており、深大寺そばはじめ地元のお店からの出店で主食からデザートまで楽しめます。姉妹町とか青森からの出店もあり、覗くだけでも楽しいですが、知らない間に色々買ってしまってますよ~
[PR]
by felice_vita | 2011-03-05 19:41 | 映画・テレビ
<< 京王線、万歳! 新宿末廣亭 >>