景気促進?

今日は計画停電もなし。
朝、ようやく買い物ができる、と10時開店の30分前にでかけたら、西友は建物を回ったむこうまで長蛇の列、Parcohaその時間ではまだ行列はなかったものの、開店後はレジに並ぶ人の整理がなされていたり、駅南の東急ストアは「計画停電のため開店時間は調整中です」といった張り紙がなされており、少したってもどるとこちらも長蛇の列。しかも先頭列グループの年配の男性、女性が、お店の人に詰め寄って怒鳴っている。どうやらいつあけるのかわかったのならはっきり書けとかそういったことみたい。なんか嫌だよな。お店の人だって直前の計画停電なし決定だと、仕入れも完全じゃないしスタッフの確保もものすごく調整難しいだろうに。
それをなんなんだ、あの人たちは。しかも「見てみ、こんなに並んでるのに」とかなんとか、自分がさぞ正しいような、列に並んでいる人の代表としてよいことを言っているんだみたいなものいい。
不快なことこの上ない。
震災から1週間、がまん、がまん、日本人はこんなにすごいのを世界中にみせてやろうとか、気負いすぎていてそろそろ優等生でいるのに疲れてきたころだとも思う。
こういうの見ていると若い人のほうが淡々として仕方ないな、と達観している。たいてい怒って怒鳴っているのって決まった層だわ。
で、すごい量の買い物なんだけど、1年くらい計画停電続く?(笑)
買いだめはやめよう、なんて言えば言うほど人間って買っちゃう、これを逆手にとって景気対策やってんのかな、もしかして。

閑話休題。

特に用事もなかったけど家にずっといるのも嫌だったので、神楽坂界隈、初台をぶらぶらと。穴場って言うのか、この辺ものがあるじゃないか。初台の成城石井なんて、パンも、生鮮品も、惣菜、牛乳、卵も、カップものもパスタも、何事もなかったのかのように揃ってる。神楽坂のポールボキューズも通常とそんなにかわらないし。
行く場所選べば、品薄なんてどこ吹く風なのね。
[PR]
by felice_vita | 2011-03-19 20:13 | 日々雑記
<< 持つべきものは 大停電の恐怖 >>