光に守られて

はじめて計画停電の真っ只中に帰りました。
つづじが丘は停電してなかったので、もしかしたら、とかすかな期待を抱いて帰ったのですが、やはりそんなに甘くない。
調布駅についたとたん真っ暗、駅は自家発電?東電の鉄道枠?でほのかに明るいものの改札を一歩出た途端自家発電で工事用のスポットライトのようなものと、警備員の方の方向指示で、闇に突入。
本当に真っ暗だ!
私の家は駅から近いのだけど、怖くて家に帰れなかった。
つつじヶ丘にもどって食事でもして帰ろうと思って電車で新宿方向へ。が、途中で「計画停電は終了しました」の広報車の声、つつじヶ丘で本屋によってまた調布へ。
調布に戻ったらつい20分ほど前なのに、まったく別世界。
光ってありがたい。
光ってこんなにあたたかい。
ルミナリエよりもある種感動的な、普通の街のあかり。

ああ、でも本当にこの時間の計画停電はやめてほしいわ。
[PR]
by felice_vita | 2011-03-25 21:25 | 日々雑記
<< 週末街角ウォッチ はずれの時間 >>