AERA発表の「上流自治体」と実感値の落差

本日発売のAERA4月10日号では、”上流自治体はどこだ”とする自治体ランキングが掲載されている。
しかし、このランキングも「すみやすい都市ランキング」と同様、あくまでも数字・統計からみたものであって、実態値を伴うかというとNOである。
私の実家も上位5位にランクインされている。確かにすみやすいし、教育水準も公立が優位なため教育費もかからない、周りの知人を見回しても一戸建て住まいの人々ばかり。
しかし。
大阪の便利さ、文化水準の高さは私にとってはそれをはるかに上回る。
結局、”上位”自治体も、”上流”○○も、もとになるのは自分が何を基準に考えるか。
人間はすべて健康で文化的な生活を営む権利を持っている。
一人一人が、自分がそれが一番よいと思えばそれでいいじゃない。
[PR]
by felice_vita | 2006-04-03 21:54 | 日々雑記
<< 健康こそ財産~初胃カメラ♪ ラ・フランセーズ 主張する国民... >>