ウェールズ弦楽四重奏団

2011年12月17日@めぐろパーシモンホール小ホール
めぐろパーシモンホール
未来の音シリーズ Vol.16
ウェールズ弦楽四重奏団
♪プログラム
ウェーベルン:弦楽四重奏のための5つの楽章 Op.5
ウェーベルン:弦楽四重奏のための6つのバガテル 
モーツァルト:弦楽四重奏曲第20番 ニ長調 K.499「ホフマイスター」
シューベルト:弦楽四重奏曲第15番 ト長調 D.887

ずっと気になっていたウェールズ弦楽四重奏団をきくことができました。
ウェーベルンは私の苦手な現代ものですが、1曲が短いため聞きやすく、大変興味深かった。
でも圧巻はやっぱりシューベルトです。
これぞ生の醍醐味。
4人の息がぴったり合い、緊張感の高い、密度の大変濃い演奏で、私がSQに興味を持つきっかけとなった、昔大阪できいたウィーン弦楽四重奏団の「死と乙女」を思い出しました。
[PR]
by felice_vita | 2011-12-18 11:32 | ソロ、リサイタル
<< 謹賀新年 平野玲音のウィーンの風 >>