義妹の父上の訃報

実家の母から「義妹のお父様が亡くなったので明日福岡にいきます」との留守電が入っていた。
義妹は一人娘、それもお父様がお年を召してからようやく授かった、それはそれは宝もののお嬢さん。会ったとたん雰囲気で”大切に育てられてるな”というのが分かる、本当におっとりとして、でも芯のしっかりした福岡の女性。子どもの頃からお父様と出かけることが多くお父さんっ子だった彼女、どんなに気持ちを落としているか想像しただけで胸が痛む。
でも甥っ子は今年3歳、可愛い孫の姿を3年間見せてあげられて、それは本当によかった。
これから彼女の身内の男性はわが弟と息子だけになってしまった。弟にはしっかりと彼女を支えて、今まで以上におかあさんを大切にしてあげてほしい。
こういうときは弟妹がいてよかった、と思う。
親を亡くしたとき、そのかなしさを分かち合えるのはきょうだいだけだと思うから。
[PR]
by felice_vita | 2006-04-28 22:19 | 日々雑記
<< 好天のゴールデンウィーク幕開け 医療ドラマはなんで外科医ばかり... >>