数独ファン

すでにご存知の方が多いと思いますが、たて9列よこ9列のマス目に1から9までの数字をかぶらないように入れるゲームです。
数年前から新聞の週末版に掲載されるのを解くのが楽しみだったのですが、このゲームのことを「数独」ということは昨年末に初めて知りました。名前さえ分かれば問題集を買うときもラク、今回も旅行にあわせて1冊買っていきました。少々見栄を張って上級編を勝ってしまったため、1題解くのに3時間くらいかかっていますが、よい時間つぶし、気分転換になります。
帰りの飛行機で『天使と悪魔』を読み終えたあとに取り組もうと、ふと隣の席の外国人を見たところ、彼も数独をやっていました。
日本よりもむしろ外国で有名になったゲームだそうです。
脳のトレーニングがブームですが、コンピュータでなく紙に書くのも乙なもの。久しぶりに”えんぴつ”を握りました。
[PR]
by felice_vita | 2006-06-25 21:39 | 日々雑記
<< オシム・ジャパン誕生? アジア勢、グループリーグで消える >>