秋からのお楽しみ

大フィル後期会員のチケットと11月の兵庫県立芸術センターでのアーノンクール&ウィーンフィルのチケットが届いた。
これまで大植さん指揮の大フィル定期公演はScheduled、その他の定期はめぼしいものがあれば個人会員の友人に一緒に購入してもらっていたが、新年度から長原幸太君が首席コンマスに就任、毎回聴きたくなったので年度後期から定期会員になることにした。
コンサートは、「忙しい」中でもまとめてチケットを買っていればなんとしてもスケジュールをやりくりして案外行けるものである。
「忙しい」は理由にならない、というがまったくそのとおり。忙しいほうが帰って時間を有効に使えるもの。
秋からは大フィルはもちろん本格的な音楽シーズンの到来でお楽しみが満載。コンサートのオフシーズンである8月(27日は大フィル狭山があるが)、チケットを手に来るシーズンを楽しみに待つことにしよう。
[PR]
by felice_vita | 2006-07-21 21:13 | 国内オケ
<< 音楽のまち 社会人でも情熱を >>