飲酒運転をなくすには

先月の福岡の事故はあまりにも痛ましいものだった。
それにも関わらず、罰則が厳しくなっても一向になくならない飲酒運転をなくすには一体どうしたらよいのか。
罰則を厳しくしても事故にならない限り「自分は大丈夫だろう」という意識はきえない。だとしたら、飲酒検問で微量であっても飲酒の兆候が出たならばその場で一発免許剥奪というのはどうだろう。言い訳は一切受け付けない。飲酒をしてひっかかるというのはたとえその時が初めて飲酒して運転しました、であっても飲んで運転すること自体が間違いでありつかまらなければラッキー、そして再度繰り返すであろう。
規定をつくって暫くは頻繁に検問を行い「飲んで運転したら即免許剥奪」を周知徹底する。事故を未然に防ぐこと、飲んだら運転しない意識を植え付けることが何よりも大切。
[PR]
by felice_vita | 2006-09-14 19:24 | 日々雑記
<< まだまだ大阪クラシック まつりの名残り >>