性格が声をつくる?

音大1回生のたまごさんからプロの歌い手さんまで幅広く参加のサロンコンサートに行ってきました。
1回生だと本当にまだまだ笑っちゃうくらい声ができていませんし立ち姿もぎこちないですが、それが2回、3回生と1年違うだけでまったく違います。
今回のコンサートはおなじ門下の方なのでなんとなく声の持つ雰囲気が似ています。でも歌声には性格が出るとか。おっとりしている人はおっとりした声、優しい性格の人は歌声も優しい。
”この先生につきたい”と同門に下る時点で性向が似ている人たちが集まるのかもしれませんね。
今日は聴く方もどきどき、本当に彼が歌い手になるの?だった1回生の彼も来年は驚くほど成長しているのかな。それにしても最近の歌い手さんはビジュアル系多しですね。
現在歌で生活している方はさすが別格でした。10畳ほどのサロンですが、持っていたカバンから見につけていたネックレスにまで、びりびりと声の響きが伝わってきました。
こういう気軽なコンサートもよいものです。
でも、そろそろ本物の文句なしのプロの「これでもか!」という演奏が聴きたい・・・完全に禁断症状が出ています。
[PR]
by felice_vita | 2006-09-24 18:57 | ソロ、リサイタル
<< ○○離れ、××嫌い、お次は△△難民 皇室典範の早期改正を >>