チャリティー自販機

読売新聞に面白い記事がありました。
清涼飲料などの自販機の売り上げの一部を文化振興のために寄付する、その名も”チャリティー自販機”の導入をすすめる条例案が28日の府議会に議員提案で出されるそうです。

*****
「メセナ自動販売機による文化貢献条例案」で公明と府民ネットおおさかが提案。自民などにも協力を求め、来年4月1日の施行を目指す。・・・
(中略)
メセナ自販機には「売上金の一部を文化振興にあてる」と明示、府は寄付金を・伝統芸能の活性化事業、・美術振興事業、・芸術文化団体への補助、などに活用する。
府の推計などによると、府内の清涼飲料の自販機は約15万台で売り上げは年12億本。寄付学を1本2円二設定すれば、1割の協力で年2億4000万円の寄付が見込める・・・
*****

企業(=経済)も政治も東京にいってしまった以上、地方に残るのは文化しかないでしょう。
3つ目の寄付は明らかに在阪4オーケストラを意識していますね。
[PR]
by felice_vita | 2006-09-29 00:08 | 日々雑記
<< 第3の感性を持つピアニスト、山... 学生オペラ「フィガロの結婚」 >>