少子化、温暖化、自然の摂理

少子化問題に対する話題が年明けからあちこちでかまびすしい。

日本は少子化、でも世界の人口は上昇中。

昨年10月時点での長期天気予報では「今年の冬は温暖」、11月後半までは紅葉すらやってこない暖かい秋が12月になったとたんあちこちで記録的な寒波に大雪。
夏をみても梅雨時に雨がなければ7月に大雨が降る。

自然はどこかでバランスを取っている。日本の少子化も地球規模で見ると自然の摂理といえるのではないか。
神の見えざる手か・・・
[PR]
by felice_vita | 2006-01-11 23:08 | 日々雑記
<< 2006FIFA World ... まさか阪急電鉄まで!宝塚はどう... >>