美しい国、美しい人、ようこそ日本へ!?

「『美しい国』を造る上での基盤は教育だ」そうで、今日初会合が開催された教育再生会議。
あいさつでは「規範意識や情操を身に着けた『美しい人づくり』のための方策」・・・(中略)「大学・大学院の国際競争力の強化などに取り組みたい」と述べたそうな。
ここであげられるような「美しい人」を造る大人が美しくないと基盤である教育なんて不可能だ。規範意識があって情操を身に着けた大人社会であれば、飲酒運転、裏金、談合、偽装建設もろもろのうんざりするほど山積みの問題なんてないはずだろうに。

それでも読売新聞による安倍内閣支持率は驚異的な70%。私にはここまで高い支持率なんて、体制に問題あり、の国としか思えないのだが、、、
支持するの理由を上から3つ。
トップ・清新なイメージがある52.3%
2番目・外交政策に期待できる28.7%
3番目・首相が信頼できる21.6%

選択肢は支持する、支持しない、その他、答えない、の4つ。私は支持しないわけではないけれど支持するわけでもない。
これからお手並み拝見でございます。
「美しい」なんて抽象的な言葉をきくと、”近頃の若者はなんでも「カワイイ」ですませようとする”とご立腹の方々だって大差ないのでは???と思いますが。

それから、大学・大学院の国際競争力を強化するに最適なのは、大学の数を減らすことじゃないでしょうか。全入学時代の到来、少子化でも増え続ける大学の謎。新設学部・学科を見るとその殆どが今まで専門学校でなされていたことばかりに見えます。
[PR]
by felice_vita | 2006-10-18 19:39 | 日々雑記
<< 疲れ目には国境越え 日米対抗フィギュア、女子は日本が勝利 >>