彩都不発、大阪経済はどうなる?

NIKKEI NET:企業 ニュース

今朝の新聞一面を見て絶句。やはり駄目だった!
「武田薬品 新研究所、神奈川に 大阪、誘致に失敗」
「大阪府、誘致に失敗 神奈川へ 250億円支援実らず」

大阪府商工労働部には丸ごと彩都バイオ対策をやる担当課までできていたのに、その核ともなるはずのものが最初にこけてしまった。大阪府の失敗はあまりにも痛い。
武田薬品の研究所が大阪から拠点を移す痛手だけでなく、これだけ大盤振る舞いを約束したのにかなわなかったこと、そして一民間企業に200億出します、徹底的にサポートします土地も優遇しますだなんて言ってしまった手前他の民間企業に対する体面はどうなるか、ということ。
シャープの工場は亀山へ、松下の工場は尼崎へ、そして武田薬品の研究所は関西から出て行ってしまう。大阪府の取り組み方に問題があったとしかいいようがない。
創業の地だから黙っていてもいてくれるだろう、なんて甘い。
3セクの失敗も先行きの明確な見通しをもたず進めた結果。

そしてまた現在、大阪は2008年のサミットの誘致活動を進めている。
やることなすこと「下手な鉄砲、数打てば。。。」あまりにも安易。数打ってあたらず、そして5兎くらいを追って全てに逃げられているんだからいうことない。
”商いの地””中小企業のものづくり”、あまりにもそこにこだわりすぎている気がするのだが。
[PR]
by felice_vita | 2006-10-25 19:47 | 日々雑記
<< 脳の不思議 世界史優先、英語優先 >>