アーノンクール&ウィーンフィル IN 西宮

今年のコンサートのハイライト、アーノンクール指揮のウィーンフィルハーモニー管弦楽団のコンサートにいってまいりました。
チケットプライスは2006年私が購入したコンサートの最高値31000円!です。
初めて足を運ぶ西宮北口の兵庫県立芸術文化センター、7月にオペラを見た友人談ではなかなかG00Dなホールということで期待してまいりました。阪急西宮北口駅からデッキで直結しており大変便利。雨にぬれずにホールまで行くことが出来ます。

演目はブルックナーのシンフォニーNO.5の一本。
はい。ウィーンフィルの演奏はもうこれ以上ない、アーノンクール氏の指揮にも文句のつけようがございません。
が、しかし!
このホールの音響はどうよ!!!
指揮者を中点に結ぶ地点が観客席であれば問題ないのですが、ウィーンフィルの美しい弦陣がアーノンクール氏を中点として結ぶのは舞台の左右、こうなるとなんとまったく客席に音が向かってこないのですよ!!!管はもういいっていうくらいストレートに音が届くのに。
泣きそうです。せっかくのウィーンフィルの音が・・・ もうまるでラジオでライブを聴いている心持。
彼らに責任はありません。はい。責任があるのはこのホールです。
恐らく響きを生かすオケとして想定され、設計のため設定された最高級が地方オケレベルの上級なんでしょう。そこまでのレベルのオケなら少々難アリの音をうまくブレンドして客席に届くような響きにしているのが、ウィーンフィルレベルの超上級になると音を生かすどころか、よいところを殺してしまう。完全なる設定ミス。ホールにおける音響のmaxレベルを低く見積もって設計してしまったのでしょうか。。。嗚呼。(左右に反射板つけて~)
例えるなら、すっぴんに難アリな御仁になら見事なメイクを施しミス・ユニバース級に仕上げるのが、すっぴんが美しい方に対しては厚化粧しすぎで元を生かさないどころか殺しまくって3級以下にしてしまう構図。
ウィーンフィル&アーノンクールの組合せは東京、広島、トヨタ、今回の兵庫の4箇所。兵庫はホール開館1周年としてウィーンフィルを招聘した、とありますが、もしここで呼ぶ必要がなければザ・シンフォニーホールに来てくれていたのでしょうか・・・完全にとほほ、途方にくれています。シンフォニーで聴きたかった!!!
重ねて言いますが彼らに罪はない。ものすごいブラヴォー飛んでましたが私はスタンディングする気力もブラヴォ飛ばす気力もありませんでした。なんでこんなホールで聴かなきゃならなかったのか。
13日にNYフィル&マゼールがありかろうじてS席は残席ありということを聞いていたので今日購入して帰るつもりだったのですが、このホールでウィンフィル聴いた後ではすっかりその気がなくなっていましたよ。チケット余ってりゃサントリーホールに行ってWP聴きなおしたひ。
今日のホールでWPなら支払い対価は23000円がmaxです。
他、足を運ばれた方の感想をお聞きしたいところですが、ワタクシメは二度と一流オケをここに聴きにこようとは思いませぬ・・・
[PR]
by felice_vita | 2006-11-04 23:33 | 海外オケ
<< 本日のN響アワー 大フィル 青少年のためのコンサ... >>