自然体の神戸

このところ神戸づいています。
昨日は夕方から出かけ予定を済ませた後中山手で延々2時までヴォーカル音楽を楽しみながらまったりと。目の前なのに大音量のBGMでマイクで歌われるのってはじめは抵抗ありましたが。
神戸の空気は心地よいです。大阪に比べると本当に小さいし語弊があるかもしれませんが田舎です。しかし、大阪だとすべてが対東京を基軸に語り進められることが、神戸にくるとそういった気負いが一切ない。見ている先が太平洋を先といいますか視野が広いのですね。
神戸の企業の方はそれぞれ仲が良いですしまとまってます。うらやましい雰囲気。
このところ”大阪を○○する”、”東京にまけない大阪”ばかりやってたので、勝手な思い込みの部分が大きいですが、この神戸の多国籍・無国籍な空気はなによりも強いストレス霧散剤になりました。
また行きたいところですがそろそろルミナリエがスタート。そうなると人が多すぎて・・・

無敵の神戸といいながら友人、自称神戸ナショナリストの神戸っ子は名古屋、福岡が気になるよう。いわく「名古屋は自分のイケテナサを自覚しているから許せるけど、福岡は自分が一番と思っているところが許せん」。なるほど。大阪の対東京の構図、神戸の場合ライバルは福岡?
[PR]
by felice_vita | 2006-11-18 19:35 | 日々雑記
<< ふるさとの秋 大フィル 2007/2008 ... >>