臓器移植のおはなし

雑談の中でその方がお子さんの腎臓の移植を受けた話をおききしました。
移植された臓器はそれが若い者の臓器であるほうが臓器提供を受けた方は元気になる。移植後1週間は肌が20歳、本当に明らかに若返ったそう。
でもいまだに免疫抑制剤?(すみません正確な名称を知らないので)は飲み続けなければならず、冬場は余計なウィルスをもらわないようにするため完全防備で外出。
病気の予防接種も受けられないそうです。

臓器移植を受けられ生きながらえているけれど。
その方いわく、
「臓器移植を受けることができれば、その後はハッピーにすごすことができる、というのは明らかに誤解。受けてからも予断は許されないのです」
「本来、やはり臓器提供をうけるというのは人間の、自然の摂理に反します」

本人にしか語れない、重い言葉です。
[PR]
by felice_vita | 2006-11-23 23:48 | 日々雑記
<< カニ、紅葉、温泉の城崎日帰り旅 エスカレータ不思議体験 >>