追想

2006年もあと1週間となりました。
昨年は喪中はがきがたくさん届いて驚いていたのですが今年は1通です。昭和は遠くになりにけり。先週友人の親友がお亡くなりになりました。高齢化の時代にあって70前半はまだ若いです。天寿をまっとうして、なら納得も出来ますが半年前突然の発病、そして先週突然天に召されてしまいました。
延命より痛みを緩和するケアの整備の必要性をひしひしと感じます。

昨日はクリスマスパーティに参加させていただき楽しい時間を過ごさせていただきました。
>kさま、素晴らしいお料理、コンテストがあれば1等賞間違いなしのクリスマスデコレーション、kさま宅はおとぎの世界でした♪
こうしてたくさんの方と知り合うことができ楽しみを共有できる幸せ。

明日はcoroで演奏会に参加します。
天に召された方々が神の御心にて幸福な場をえられますように。
みなさまにたくさんの幸せが訪れますように。
世界に平和がもたらされますように。
聖母マリアとともに私も神を賛美し心をこめて歌いたいと思います。
[PR]
by felice_vita | 2006-12-24 22:40 | 日々雑記
<< As soon as... 冬至ですが >>