Allegro ma non troppo

師走もクライマックス、多くの企業が仕事納めに入るというときになって業務が佳境に。頭の中ではベートーヴェンの第九 第4楽章が鳴り始めています。
12月1日をきっかけに業務が急激な方針転換を余儀なくされ、まったく出口が見えない状況だったところに、ようやく2キロばかり先にトンネルの出口の光が見えた感じ。とにかくハードで、胴体でも構わないんで無事に着陸したい。。。

スーツケースの集荷が7時~8時というので大急ぎで帰宅してパッキング、なんとか旅支度だけは関空へ。29日は気分も軽く機上の人となりたいものです。

現在のBGMは木嶋真優ちゃんのリサイタルで販売されていたN響アシュケナージのラヴェル。ラ・ヴァルス、ジェットコースターのような音作りです。車酔いしそう・・・
[PR]
by felice_vita | 2006-12-27 21:15 | 日々雑記
<< 美しき氷上のファントム As soon as... >>