佐野成宏さんテノールリサイタル@宝塚ベガホール

先月、大フィルのヴェルディ「レクイエム」で素晴らしい美声を聴かせてくださったテノール・佐野成宏さんのリサイタルへ行ってまいりました。

∮プログラム
Le violette「すみれ」 スカルラッティ
Amarilli,ma mia bella「アマリッリ」 カッチーニ
Ombra mai fu「オンブラ・マイ・フ」 ヘンデル
Me voglio fa'na casa「私は海に家を作りたい」 ドニゼッティ
Quanto e bella「なんと美しい乙女」 
Una furtiva lagrima「人知れぬ涙」
La promessa「約束」 ロッシーニ
Ladanza「踊り」 

Vaghissima sembianza「優雅な絵姿」ドナウディ
O del mio amato ben「私の愛した人」  
Recondita armonia「妙なる調和」プッチーニ
E lucevan le stelle「星は光ぬ」
O primavera「おお、春よ!」 ティリンデッリ
Non ti scordar di me「勿忘草」 ディ・クルティス
Dein ist mein ganzen Hertz「君はわが心の全て」 レハール

伴奏:佐藤 正浩

ベガホール、先月は木嶋真優さんのヴァイオリンを聴きましたが、ソロだと響きすぎず声の質がとてもはっきり見えるホールです。佐野さん、例によってピンと伸びた背筋で堂々と登場、歌いっぷりも緩急自在で見事です。まったく無理がなく、無駄もない。
「トスカ」の”妙なる調和”は、ベガホールがステンドグラスとパイプオルガンを擁する、まるでトスカの教会シーンそのものの雰囲気を持つため佐野さんもひときわ入魂のご様子でした。
伴奏の佐藤さん、パンフの写真は何年前?今は長髪、若かりし頃のコバケンさん。そのはず、現在はピアノ伴奏、コレペティだけでなく有名どころの指揮をがんがんこなしていらっしゃる。スタートが東京芸大声楽!(お二人とも年齢も近そう。佐野さんはクロス学歴ですがもしかしてお二人も同じ学び舎で肩を並べられたとかあるのかな?)そしてピアノ=>コレペティ、現在指揮者というオールマイティ。
佐野さんはちょうど15年前の第3回宝塚ベガコンクールで第1位、想い出の場所なんだとか。15年たって凱旋できるなんて幸せな方です。宝塚市の暖かさもいうまでもなく。
大阪市内中心部、ないし、主要ホールではない、地方都市・宝塚のホールで佐野さんという素晴らしいテノールを聴ける幸せ。日本のファン層の広さと深さを感じました。(携帯電波はバリバリ入るのに誰の携帯も鳴らない。拍手の箇所も的確。最後までじっくり聴いたところで拍手する曲もあれば、盛り上がった歌い終わりで即入るタイミングを捉えた拍手もあり。文化度が高い地域です、本当に)
アンコールも トスティにはじまり、ディ・クルティス、三大テノールでおなじみのナポリ民謡”カタリ・カタリ~”、〆はサンタ・ルチア。ブラヴォー!!!
阪急沿線に住まう幸せかな。
[PR]
by felice_vita | 2007-01-12 23:46 | ソロ、リサイタル
<< ついて行けない 2007初大フィル 第76回新... >>