第49回大阪国際フェスティバル 大フィル&大植さん

国際フェス、楽しみにしていた大フィル、大植さんの登場です。

指揮:大植 英次
演奏:大阪フィルハーモニー交響楽団
曲目:ブルックナー 交響曲第8番ハ短調(ハース版)
コンマス:長原 幸太
@フェスティバルホール

今週明けから体調(脳調?)が最悪、時々意識があさってに行っている毎日。
せっかく待ちに待った大植さん、ブル8なのに。
脳疲労がピークのため、頭に鉄のカーテンがひかれたように全く音楽が入ってこない。こんな時にブル8聞いてもただただ長いだけの演奏会。おまけに観客も最低最悪!
あれだけ携帯オフアナウンスされていたのに、よりによってホントに始まりの、マエストロ手を下ろしてさぁ第1音のところで携帯の着メロが。。。あぁ信じられない、音と思いっきりかぶってしまったぁぁぁ~ 演奏始まったけどやり直しですよ、ったく。1階Rサイド前方の客、誰やねんっ!
指揮者と楽団員はプロだからさすが気をそがれても取り直せるだけのものをお持ちだけど素人の私にはそんなこと無理。ただでさえ体調悪いのにもうこれだけで聞く体勢が一気に崩れてしまった。
最悪の観客と疲労で音楽覚えてません。3楽章のチェロtuttiの美しかったことだけは覚えているけど。ひたすら早く終わってくれることを祈って聞いていました。こんな経験初めてだ。
ただ、ブルックナーはやはりフェスで聞くべし、です。

いらした皆様、今日の演奏は相対的にどうだったのでしょう?大植さんも楽団員の皆さんも達成感アリアリの顔立ちでしたね。
あ、それから梅沢さん今日もいらっしゃらなかった・・・お元気でいらっしゃるのでしょうか。
[PR]
by felice_vita | 2007-04-26 23:17 | 国内オケ
<< 送別会 エリザベート 大阪公演@梅田芸術劇場 >>