Sonderkonzert R.Wagner @Philheromonie

2007年6月29日20:00
@フィルハーモニー
ドイツオペラWagner特別コンサート
Chour und Orchester Deutsche Oper Berlin
Sopran: Deborah VOIGT
Dirigent: Andris NELSONS

Rienzi, Der Letzte der Tribunen
Descendons gaiement la courtille
Die Meistersinger von Nuremberg
Wach'auf..., 3.Aufzug, 5.Szene
Tristan und Isolde
Vorspiel und Isoldes Lievestod, 3.Aufzug, 3.Szene
Lohengrin
Gesegnet sloo sie schereiten..., 2.Aufzug, 4.Szene
Vorspiel zum 3.Aufzug
Treulich gefuehrt...,3.Aufzug.1.Szene
Goetterdaemmerung
Siegfrieds Pheinfahrt, Orchesterzwischenspiel vor dem 1.Aufzug
Trauermarsch, Orchesterzwischenspiel 3.Aufzug
Bruennhildes Schlussgesang, 3.Audzug,3.Szene

Devorah VOIGTを聞きたさに当日券で行ってまいりました。
指揮者はリトアニア出身弱冠28歳の若きエース、大振りで大団円を振るにはぴったり、ただまだ細かいニュアンスが求められるような音楽はもう少し・・・でしょうか。イゾルデの愛の死なんかはちょっと。。。
Voigtはバラ騎士、ワーグナーが主なレパートリーの、”ドイツ語は話さないが完璧でなまりのないドイツ語を歌う”アメリカ人。新聞などでは”・・・イギリスのコヴェントガーデンとの契約を重量オーバーのため断られ40キロの減量を試み・・・”なんて紹介されており、オペラも確実に外見が求められる時代になったんですね。でもワーグナーは身体がないと歌えないですね。

当日券売り場も結構な長蛇の列、そこに「チケット売ります」と女性が声をかけてらしたのでお願いして入手。座った席はドイツオペラの会員さんが無料招待されている一画で、私の周りはベルリンのオペラ○○○の集まりでした(笑)。演奏始まった途端一斉にオペラグラスを取り出し鑑賞。休憩中は次シーズンのオペラの話題に花が咲いていました。
[PR]
by felice_vita | 2007-06-29 15:17 | 海外オケ
<< 帰国しました RhythmsBerlin a... >>