いろいろ変わった2月1日 

通勤で阪急電車と大阪市営地下鉄を使っている人間にとって今日2月1日はちょっとした変化があった。
まずひとつ目。阪急から地下鉄谷町線への乗り換えのために阪急百貨店横のコンコースを通過するのだが、昨年夏からはじまった工事がどんどん進み、それにつれて通路もどんどん細くなる。今日から地下鉄乗換え口へ降りる階段の半分が閉鎖され約5メートル程度と思われるスペースのみとなった。コンコースでは工事が始まったときと同様、たくさんの誘導係が右側通行を叫び、また早めに地下に降りる階段に迂回するよう指示をだす。でも当然誰だってショートカットで行きたい。わが道を行く人のむれはいつもと変わらぬ道をずんずん進む。
そして地下鉄へ降りると、これまた今日からICカードPitapaの使用が可能になったためそれなりに係員と情報誌を配る係員とフリーターのお兄ちゃんに出くわす。
ところがこのPitapa,定期券で通勤する人間にはほとんど恩恵がない、またちょっと使ってみようかな、という人も定期の残余期間とPitapaを作る手間がいやなようで(私も其の一人)、結局今日の通勤帰宅でICセンサーにPitapaをピッとかざす人をみることはまったくなかったのであった。

それから趣味の話では今日2月1日はJALのバーゲンフェアの先行申し込み開始の日。
まったくプライベートな話では弟の30+○歳の誕生日。

といった具合に私にとってはそれなりにいろいろと目先が変わった一日であったのだ。
[PR]
by felice_vita | 2006-02-01 19:21 | 日々雑記
<< そろそろW杯チケット抽選結果が 1月も終わり ブラックマンデー... >>