As time goes by

誰にでも平等に与えられているもの。

時の流れ。

2007年、年度が替わってからは本当にのんびりと、なにもしなくても時間が過ぎてはや年末。
タイムリミットはひとそれぞれだけど1日24時間、1分、1秒の針の進む速度はみんな同じ。

”青い鳥は、探しに行った先には見つからずに、自分の身近なところにいる”はず

ということを確認するために年の半分以上を費やしたのですが、結局、私にとっての青い鳥の居場所はこれから進む道の前に、道先案内の役目を果たすために存在しているようです。

今の場所に居られないわけではないけれど、そこにいる私は私ではない。
周りから何と言われようと自分が自分らしくいられる、自分で自分を嫌いにならない生き方ができるよう、来年はまた前へ進もうと思います。
[PR]
by felice_vita | 2007-12-28 10:40 | 日々雑記
<< 2007年聴き納め 大フィル第九 カリフォルニア 3都物語~旅の終わり >>