電鉄会社もボーダーレスの時代

通勤での乗換駅である阪急梅田駅に到着して驚いた。
ここのコンコースは非常に屋根が高く外国風、フラッグ状につるす広告も非常に目立つのだが、その広告すべてがなんとJRの”エクスプレスe予約”なのだ。
まさか阪急の駅でJRのCMを見ようとは。かろうじて阪急の車内で心斎橋大丸や阪神の広告を見ることがあっても、まぁスルッとKANSAI、関西の電鉄つながりでありえることと見ていたのだが、関西私鉄VSJR西の構図も、PITAPA・ICOCAの共用で変わってきたのか。
[PR]
by felice_vita | 2006-02-13 20:05 | 日々雑記
<< ドイツ・ワールドカップへの空の道 フィギュアスケートで増えるクラ... >>