ミシェル・コルボのモツレク~熱狂の日音楽祭2008

3泊4日の田舎暮らしから帰宅。なぜか時差ぼけ状態。もしかして「五月病」注意報か?

仕事に慣れる3ヶ月は禁コンサートとしているのだが、これは別物。
会場収容人数5000人だし、コンサートというよりもイベントだしね。

ラ・フォル・ジュルネ
「熱狂の日」音楽祭2008
5月6日(火)17:00~17:50 @ホールA シュパウン

モーツァルト:レクイエム二短調K.626
指揮:ミシェル・コルボ
管弦楽:シンフォニア・ヴァルソヴィア(ポーランド)
ソプラノ:谷村由美子
アルト:ヴァレリー・ボナール
テノール:マティアス・ロイサー
バス:クリスティアン・イムラー
合唱:ローザンヌ声楽アンサンブル

管弦楽も合唱も35人前後。なのに5000人のホールを十二分に埋め尽くせる音楽。
音楽は人数ではないのだ。
モーツァルトの合唱パートは明らかに楽器。それを感じさせてくれたローザンヌ声楽アンサンブルの実力。もうあっぱれ以外の言葉がない。音符の一つ一つまでしっかりと「鳴らし」て「刻み」リズムは決して「すべらない」。少人数なのに太い音の束で、通常なら合唱は肺活量上さっさと消えてしまうところまで管弦楽とぴっちり揃えて切る。恐るべし。
そしてソリストも素晴らしい。モツレクはオペラ!モーツァルトにぴったりの声をもった4人の重唱の美しいことといったら嗚呼。特に谷村さん、素晴らしすぎる~
でもやっぱりすごいのは、神様、仏様、コルボ様なのだなぁ。

ゴールデンウィークの最後にいいもの聴かせていただきました。
それにしても眠い・・・どうしてこんなに眠いの~ モツレクで寝なかったのは奇跡。
[PR]
by felice_vita | 2008-05-06 20:48 | 海外オケ
<< 五月病 倉敷散策 >>