結局ルフトハンザを選んだ私

2月14日に、ドイツW杯へはエミレーツへ!と意気揚々と語ってしまったのだが・・・エミレーツのドバイーフランクフルト間が予定していた便が満席で1便遅れ夜8時着になってしまうことが分かり、結局ルフトハンザの関空ーフランクフルトで飛ぶことになった。
何よりも直行便のメリットは大きい。夜便をもつエミレーツをはじめとする中東便や韓国・香港経由便も結局翌日着、満席だとさらに1日がかりの旅程となってしまう。そうなるといくらW杯が第1目的とはいえ、有給休暇を取得してドイツまでいくのにもったいなさすぎる。
もちろんW杯が最大目的だが、ドイツを楽しまないなんて!
ドイツは、
町並みが美しい
車窓の風景は余分なものがなく空が広く緑が美しい
地ビールが原則で美味
パンがおいしい
音楽が楽しめる
ほかにも楽しみをあげると数限りない。また私の場合はニュルンベルクにもう15年のつきあいになる友人夫婦が住んでいるため家庭訪問が何よりも勝るドイツ訪問の目的になる。
ドイツにいくならルフトハンザで。食事もまずまず、機体がシャープ、定刻性が高く、クラシックファンにとってうれしいのは音楽チャンネルが3局あること。パーソナルビデオはないが、旅慣れてくると機内は休息と準備の場であり映画はさほど重要ではない。
なんだかあれだけキャリアで迷った末に説得力がないが、ドイツへの道はルフトハンザを選ぶのが一番♪
[PR]
by felice_vita | 2006-02-17 22:45 | 日々雑記
<< ベッリーニ大劇場来日公演「ノル... うちの母がランビールファンにな... >>