バスティーユディ

不確かですが(笑)
7月14日、フランス独立記念日、ですが、英語だとバスティーユディって言うんですか。
今朝方KUSC(カリフォルニア)のクラシック局を聞いていたらその記念日というのでいろんな編曲のラ・マルセイエーズを放送していました。
(最近WCPEよりもKUSCに凝っているのです)
有名な話ですがフランス国歌、歌詞長いです。ざっと7番。というかほかの国も結構歌詞が何番にもつながるところが多い中、日本の君が代が(1番というのもおかしいくらい)1回演奏して終わりって言う方が珍しいんでしょうね。でもこれリフレインするのもへんだしな。南米?のどっかの国、12番までっていうのがあったはず・・・

ラ・マルセイエーズ、フランス語で歌えたらいいな。
映画「エディット・ピアフ 愛の讃歌」で。子供のときのピアフが旅芸人のお父さんとドサ周り中に「その子はなにか芸ができないのか」みたいなことを観客に言われ、父にせかされたピアフが歌ったラ・マルセイエーズがあまりにも素晴らしく、歌の道を開くきっかけにもなったような描き方をされていました。でもほんと、あの歌は素晴らしかったな。
この曲とばら色の人生、フランス語で歌えたらかっこいい。

私の好きな国歌
1.旧ソ連の国歌(レッド・オクトーバーを追え!)
2.フランス国歌(ベルばら♪)
3.ボリビア国歌

もうすぐオリンピック。National Anthemのアルバムも売れる頃?
競技もすきですが、私は開会式の入場行進がいろんなお国柄が垣間見えてとっても好きです。
[PR]
by felice_vita | 2008-07-15 23:26 | 日々雑記
<< インディ・ジョーンズ クリスタ... 舶来ドリンク >>