JALのボーイング787導入

JAL - 次世代航空機で新しい空の旅を! BOEING 787

このところすっかりトリノ五輪に熱中しっぱなしで、常にアドレナリンが出ている状態であまり体によろしくないためちょっと一息。
JALのホームページにB-787導入記事が掲載。スペック、イメージをみるとかっこいいったら!ううぅ早く乗ってみたい。特に青色発光ダイオードを使用したという機内の美しいこと。「フライトプラン」のよう(って最新鋭の機内で事件はごめんだけど)。
でもこのJAL記事の右下からリンクしているB-787のホームページのつくり、というか翻訳。中国か韓国で作成したんだろうか。日本語が大変怪しい・・・文字フォントも。

エアバス380も一応興味はあるが超大型っていうのは利用者にとってよいのか悪いのか微妙なところ。大きいことはいいことだ、が航空機業界でも通用するのだろうか。今後の動向が気になるところ。
NHKスペシャルのエアバス対ボーイングの新型機開発は面白かったな。技術の結集、欧州対アメリカ、その両者に日本が加わって、これだけでひとつのドラマだなぁ。

そういえば今日の伊丹ー松山のANAボンバルディアはまた不具合で引き返し。
先日ボンバルディアに乗ったし来月も乗るのだけど大丈夫なのか不安。
[PR]
by felice_vita | 2006-02-21 23:54 | 日々雑記
<< 衣装も見どころ 女子フィギュア... フィギュア女子、3人とも好調 >>