サンクトペテルブルクフィル チャイコフスキーフェスティバル@サントリー

文句なしに今年最高のコンサートです。

サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団
チャイコフスキー・フェスティバル テミルカーノフ70歳記念

ヴァイオリン協奏曲ニ長調 op35
交響曲第4番ヘ短調 op36

指揮:ユーリ・テミルカーノフ
ヴァイオリン:庄司紗矢香

本日の私のメイン、庄司さやかちゃんのチャイコン。
6月のオペラシティに続き2度目の皇后美智子様ご臨席に遭遇。今回は警備が厳しいこと!

庄司さやかチャン(やっぱり彼女はちゃんづけで呼びたい)を生で聴くのは初めて。テレビでみるようりずっと華奢です。ばら色のドレスがとってもお似合い。
1楽章はおなじみ、例の盛り上がる部分ではしっかり盛り上がり期待通り。さすが、と思ったのが2楽章。私にとってはここは小休止であんまり熱心に聴かないところなのに彼女の演奏はかゆいところに手が届くというか、隅々まで神経が行き届いた、決して手抜きをしないもの。そしてオケもまたそれに応えて。オケは和声を奏でるというよりもリズムを刻むパートといった役割。
さやかチャンのすごいのはしっかりオケを聴いてアンサンブルの中でのソロの役割をしっかり押さえている所といいましょうか。知性漂う演奏でした。パフォーマンスも大きくなくせいぜい軸足のバランスを替える程度。この曲、1楽章があまりにもメロディアスなのでそこにばかり着目してしまいますが、協奏曲は3楽章までしっかり演奏されてこそ1つの曲として完成するのですね。その好例となる見事な演奏でした。
アンコールはバッハの無伴奏、パルティータ”サラバンド”。おりしも昨日の新日本フィルのソリスト、イザベルさんと同じ。2人とも使用楽器がストラディなところも。これに関しては両者甲乙つけがたい。好みの問題ですね。どっちも好きです。
コンマスもその付近の人もでっかいから、さやかチャンがさらに華奢に見える。胸の高さくらい?

オケの面々見てるのもたのし。知ってるロシア名適当に当てはめて遊ぶの図。
フルートのイケメン兄ちゃんはアンドレイ、コンマスはロシア流アンドレ・リュウ、ピッコロ女性はタチアナ、ホルンの職人っぽいおっちゃんはイヴァン、コントラバスの真ん中のおっちゃんはピョートル。ファゴットにはラファエロ絵画から飛び出てきたような美しい青年、ホルン一番右はまだ20歳前にも思われる坊ちゃん。年齢もさまざまで視覚的にも面白いな。
第2部の演奏が妄想を誘ったのだが。。。日向薫トップのときの宝塚星組公演「戦争と平和」を思い出してしまった。

休憩挟んで第2部。私の中ではチャイコン聴ければもう満足、だったんですけど。
4番。すごい、すごい、すごいよ!!!
協奏曲では完全にソリストを立ててたんだわ。
テミルカーノフさんとオケの信頼関係をまざまざと見せ付けられた演奏。テミルカーノフさん、まったく大振りでなく、ところによってはまったく動作なし、アインザッツ、交通整理的な手振りのみで自由自在にオケを操り、またオケがそれに完全に応えているんですね。
私がようやくサントリーホールの残響になれたこともあると思うのですが、この残響を楽しみ、オケが操っているような感覚。一大抒情詩をみせつけるような圧倒的な支配。時に舞踏会に迷い込んだような、時に争いの悲劇の場に放り込まれたような、聞き手に追体験を味わわせる音楽。まずは金管パートのうまさにうっとり、やっぱり体格のよい民族の金管はすごいよなぁと思っていたら木管も、弦も文句なしだし。最後の最後でトランペットが勿体無かったけど・・・まぁ1回転んでもフィギュアなら高得点でるしさ。
西洋とはまったく異なる味わい。偉大なるロシア。
演奏が終わって、この感動をどう表現したらよいのか分からないほどの満足感。
こんなに拍手をし続けた演奏会にきたのはいつだっけ。
鳴り止まない拍手。
アンコール1、エルガーの愛の挨拶。これがまた郷愁を誘う名演奏、日本人の心の琴線に触れる演奏、「浜辺の歌」を聞いているような錯覚。
まだやまない拍手にアンコール2、くるみ割り人形。NHK音楽祭のN響と同じ、ですがこっちは本場、バレエの舞台が目の前で展開されているようなスピード感と高揚感。指揮はほとんどしていないのに近いのにまったく乱れない!!!間髪いれずにブラヴォーの拍手。
嗚呼。幸せとはこういうことをいうのね。
明日はオペラシティで悲愴等ありますが、さすがに2日連続で6時過ぎ退社ははばかられて・・・
チケット当日もあすようですので、ぜひぜひ足を運んでいただきたい!!!

テミルカーノフさんに感謝。
いつもは一人では飲まないのに、今日は帰りしなにシラーズ買って帰ってしまった。いまとっても幸せな気分です。
音楽って本当にいいもんですね。
10日にはガラコンにまいります。
[PR]
by felice_vita | 2008-11-04 23:14 | 海外オケ
<< サンクトペテルブルク・フィル ... 新日本フィル第439回定期@ト... >>