カテゴリ:海外オケ( 55 )

Berliner Philharmoniker Programmheft 76 am So. 3. Juni

ベルリンフィル第76回定期@フィルハーモニー
指揮:サー・サイモン・ラトル

BerlinerPhilharmoniker
Programmheft 76 at Philharmonie
Son. 3 Juni, 2006

Dirigent: Sir Simon Rattle
Klavier: Daniel Barenboim

MS:Angelika Kirchschlager
T:William Burden
T:Timothy Robinson
Br:Tommi Hakala
Bs:Reinhard Hagen

1. Kurt Weill
Die sieben Todsünden

2. Johannes Brahms
Klavierkonzert Nr.2 B-Dur up.83

待ちに待ってた、第一目的のラトル&ベルリンフィル、しかもピアノはバレンボイム。
フィルハーモニー、不思議な設計です。映像で見るよりもさらに複雑。ロビーから座席につくまでに扉を間違えないように行くのが大変。
バレンボイム、なんなの、あの存在感は!そしてピアノの音色は限りなく繊細。これが巨匠の技なのですか!
世界のベルリンフィルですが、私はソリスト・バレンボイムに圧倒されてしまった。
[PR]
by felice_vita | 2007-06-03 23:59 | 海外オケ

今年もダメでした・・・VPOニューイヤーコンサート抽選

今年もダメでした、2008年のウィーンフィル・ニューイヤー・コンサート。
去年の発表が3月1日だったので今回もそれくらいかと思っていたら、今年は随分早い抽選会だったようです。
実質の競争率はどれくらいなのでしょうね?

Dear Ms. *****,

Your order for the New Year's Concert

Unfortunately we were unable to comply with your order for the
Vienna Philharmonic's New Year's Concert.

Orders for tickets far exceeded the number of tickets available. Therefore,
their allocation was decided by electronically drawing lots and your
application unfortunately was not selected.

As a participant in the raffle, you will receive a free CD as a gift when
you make your next purchase at the Vienna Philharmonic e-shop
http://wienerphilharmoniker.waldner.biz/index2.pl?language=en&id=70&nextsite=detail_kat.
Please just enter "1993" when you place your order.

Yours faithfully,
The Vienna Philharmonic
[PR]
by felice_vita | 2007-02-09 22:37 | 海外オケ

アーノンクール&ウィーンフィル IN 西宮

今年のコンサートのハイライト、アーノンクール指揮のウィーンフィルハーモニー管弦楽団のコンサートにいってまいりました。
チケットプライスは2006年私が購入したコンサートの最高値31000円!です。
初めて足を運ぶ西宮北口の兵庫県立芸術文化センター、7月にオペラを見た友人談ではなかなかG00Dなホールということで期待してまいりました。阪急西宮北口駅からデッキで直結しており大変便利。雨にぬれずにホールまで行くことが出来ます。

演目はブルックナーのシンフォニーNO.5の一本。
はい。ウィーンフィルの演奏はもうこれ以上ない、アーノンクール氏の指揮にも文句のつけようがございません。
が、しかし!
このホールの音響はどうよ!!!
指揮者を中点に結ぶ地点が観客席であれば問題ないのですが、ウィーンフィルの美しい弦陣がアーノンクール氏を中点として結ぶのは舞台の左右、こうなるとなんとまったく客席に音が向かってこないのですよ!!!管はもういいっていうくらいストレートに音が届くのに。
泣きそうです。せっかくのウィーンフィルの音が・・・ もうまるでラジオでライブを聴いている心持。
彼らに責任はありません。はい。責任があるのはこのホールです。
恐らく響きを生かすオケとして想定され、設計のため設定された最高級が地方オケレベルの上級なんでしょう。そこまでのレベルのオケなら少々難アリの音をうまくブレンドして客席に届くような響きにしているのが、ウィーンフィルレベルの超上級になると音を生かすどころか、よいところを殺してしまう。完全なる設定ミス。ホールにおける音響のmaxレベルを低く見積もって設計してしまったのでしょうか。。。嗚呼。(左右に反射板つけて~)
例えるなら、すっぴんに難アリな御仁になら見事なメイクを施しミス・ユニバース級に仕上げるのが、すっぴんが美しい方に対しては厚化粧しすぎで元を生かさないどころか殺しまくって3級以下にしてしまう構図。
ウィーンフィル&アーノンクールの組合せは東京、広島、トヨタ、今回の兵庫の4箇所。兵庫はホール開館1周年としてウィーンフィルを招聘した、とありますが、もしここで呼ぶ必要がなければザ・シンフォニーホールに来てくれていたのでしょうか・・・完全にとほほ、途方にくれています。シンフォニーで聴きたかった!!!
重ねて言いますが彼らに罪はない。ものすごいブラヴォー飛んでましたが私はスタンディングする気力もブラヴォ飛ばす気力もありませんでした。なんでこんなホールで聴かなきゃならなかったのか。
13日にNYフィル&マゼールがありかろうじてS席は残席ありということを聞いていたので今日購入して帰るつもりだったのですが、このホールでウィンフィル聴いた後ではすっかりその気がなくなっていましたよ。チケット余ってりゃサントリーホールに行ってWP聴きなおしたひ。
今日のホールでWPなら支払い対価は23000円がmaxです。
他、足を運ばれた方の感想をお聞きしたいところですが、ワタクシメは二度と一流オケをここに聴きにこようとは思いませぬ・・・
[PR]
by felice_vita | 2006-11-04 23:33 | 海外オケ

ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー コンサートへ

一昨年のスケジュール帳をめくったところ、同日6月4日の開催。
大植さんの第二の現場、ハノーファーから今年もやってきたハノーファー北ドイツ放送フィル。2年前より確実に実力アップです。
演目はオール・ワーグナー。
1.リエンツィ序曲
2.ジークフリート牧歌
3.楽劇「ヴァルキューレ」第1幕 演奏会形式

一昨年は第1曲目がタンホイザーで、異常なまでに期待値が高かったため1曲目では「あれれ?」だったがブラームスからはいけいけドンドンの大熱演。どうやらハノーファー北ドイツ放送フィルはエンジンかかってからが遅いみたいで。今年も”リエンツィ”は軽くジョブ(でも名曲だ、とはわかる)、そして休憩挟んだヴァルキューレはもう、すごいのなんのって。
すごかった「ヴァルキューレ」。
演奏会形式で1幕のみなのだが、恐れ入った。歌手はテノール・ソプラノ・バスの3名のみが、オケの前で歌うパターンなのだが、演奏会形式とはとても思えない。私にはワーグナーの描いた風景が見えました。特に佳境の、ジークムントが霊剣ノートゥングを抜くシーン、きっと観客すべて霊剣が見えていたのではないでしょうか。
オーケストラの演奏が分かる、けれどもソリストも際立つ。
歌詞がなくても、的確・確実に作られた音楽さえあれば十分理解でき感動を与えられるということがわかった演奏会でした。
ワーグナー歌いは大変だ、とも再認識しました。なんせ歌いっぱなし。
アンコールは待ってましたの「ヴァルキューレの騎行」そしておまけにするにはもったいない、プログラム掲載もありあり、の「ジークフリートの死」。贅沢すぎるアンコールです。
大植さんには是非、再びバイロイトでオケピットに立っていただきたい。
贅沢な一夜でした。
[PR]
by felice_vita | 2006-06-04 22:10 | 海外オケ

ウィーンフィル 2007ニューイヤーコンサート 抽選結果

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団|オーケストラ、コンサート、音楽CD、ニューイヤーコンサート、・・・

残念ながら2006ワールドカップに引き続きこちらも落選。
確率的にはウィーンフィルのほうが厳しい状況だったのであきらめはつくのだが、それでも悔しい。


Dear Ms. *******,

Unfortunately we were unable to comply with your order for the
Vienna Philharmonic's New Year's Concert.

Orders for tickets far exceeded the number of tickets available. Therefore,
their allocation was decided by electronically drawing lots and your
application unfortunately was not selected.

As a participant in the raffle, you will receive a free CD as a gift when
you make your next purchase at the Vienna Philharmonic e-shop
http://wienerphilharmoniker.waldner.biz/index2.pl?language=en&id=60&nextsite=detail_kat.
Please just enter "raffle" when you place your order.

Yours faithfully,
The Vienna Philharmonic
[PR]
by felice_vita | 2006-03-01 07:07 | 海外オケ