<   2006年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

なでしこ、再調整

出場停止3名の選手を抱える北朝鮮戦に負けてしまった・・
W杯出場権獲得は勝ってなんぼ、いくら後半あと1点まで追いつこうと、負けてしまえばおしまい。次回のカリブ海3位チームとの決戦での勝利を祈ります。
女子予選も地上波での中継が欲しい!!
[PR]
by felice_vita | 2006-07-30 21:16 | スポーツ

御堂筋の9月「大阪クラシック」ウイーク

本日の夕刊に、9月3日からの1週間、大フィルメンバーが中心となって計50回の演奏会を行う、という記事が掲載されていました。
提案者は我らが大植さん。来年以降も継続し、大阪の秋の恒例行事としたい、と。4月29日の星空コンサートに続き、なんて素晴らしい企画!
御堂筋は大阪の中心。最近では心斎橋界隈には高級ブランドの路面店が立ち並んでいます。
秋には銀杏並木が美しい。こういう場所でこういう企画、大阪に暮らすのが楽しくなります。
コンサートはオーケストラもあり、小編成、ソロもあり、また無料のもの(45回)から高くても2千円。
演目、メンバー等の詳細は8月に大阪市のホームページで紹介されるそうです。
ちなみに大阪市のホームページをのぞいてみたところ、この「大阪クラシック」の1週間後に開催される「中之島国際音楽祭」が掲載されていました。
大阪市のホームページ
http://www.city.osaka.jp/

大阪がどんどん素敵になっていっています。
[PR]
by felice_vita | 2006-07-29 16:43 | 国内オケ

夏はこれから

ようやく暑い夏がはじまった。関西の梅雨明けは日曜日だと言われているが、今年は極寒にはじまり遅い春、遅い夏。蝉の声はようやく4日前に聞いたばかりだが例年より数が少ない??
なのに。
昨日、靴屋ではブーツを見かけたしバーゲンも終盤。
ファッション誌はすでに秋。「まだ着る夏服、今買う秋服」って言われてもねぇ。恥ずかしながらまだ夏服への衣替えも全て終わったわけではない私・・・このまま秋?
[PR]
by felice_vita | 2006-07-28 22:28 | 日々雑記

オシムとユーゴ

『オシムの言葉』、まだ読み終わっていない。これは一気に読むべきではない本。その背景をじっくりと考えるべきだから。スポーツ本、単なる監督の言葉を羅列した本と思っていたら大間違い。今読んでいる箇所は、「ヨーロッパの現代史」である。ユーゴ内乱とはかくも悲惨な戦争だったのか。たった10年も前にこんなことが起こっていたのだ。
”5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字をもつ国”、私が学校に通っていた頃はまだそうして習っていた国、ユーゴスラビア。オシム監督は選手として、そして監督として、その栄光、亀裂、内乱、崩壊をすべて見てきた人。
信じられるだろうか?代表に選ばれて、それを承諾したら国によって命を狙われる危機にさらされる、などということを。ホームであるはずの競技場が民族紛争のゆえにアウェーよりもひどいブーイングに包まれる風景。
日本はなんて平和なんだろう。
マスコミがまたオシムの誤算云々と書き立てているが、このようなことは今までの彼の経験してきたことから見ればアリが足の上を歩くようなものだろう。
ユーゴの内乱、民族・政治がからみ選手の自由を奪う国に比べれば、日本なんて・・・
[PR]
by felice_vita | 2006-07-26 20:53 | スポーツ

がんばれ、なでしこ!

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060725&a=20060725-00000051-nks-spo

W杯の熱が去り、代表監督もジーコ監督からオシム監督へバトンタッチ。小休止か・・・と思ったら女子サッカーのW杯アジア最終予選でなでしこJAPANががんばっているではないか!
私は世界サッカーレベルでは魔法のようなプレーを見せてくれる男子リーグが好きだが、代表戦になると日本男子よりも女子のプレーの方が断然好き。なによりひたむきさがいい!
プロでやっている男子に比べ、彼女たちは昼間は本当に普通のOL、いやもっと厳しい条件で働いている。それも大好きなサッカーをやるために!なんてすごいんだろう!
ハングリー精神があまり言われなくなった今日この頃、でもなでしこJAPANにはその精神が健在。私も一緒に走っている気分になる。そして、「こうしてみている私の体力をぜーんぶあげるから、お願い、走って!ゴールを決めてよ!」っていつも祈っている。
次は準決勝、オーストラリア戦。
ニュースをみると、男子代表の例の試合は”カイザースラウテルンの惨劇”と命名されていたんですね。よく考えるなぁ~・・・ 悲劇、歓喜、惨劇、そのあとにくるのはもちろん爆勝(笑)
[PR]
by felice_vita | 2006-07-25 21:57 | スポーツ

大阪の夏 天神祭

今日は天神祭の本宮。健康診断を終え職場に帰る途上ですでに大勢の浴衣をきた人々とすれ違った。会社を出る頃は駅から道路から電車のなかからすべての人が天満宮を目指しているかのようなにぎわい。
心配されたお天気も、水かさも、天神さんの恵みで問題なし。お船に乗る人も花火の見物客も存分に楽しめるコンディション。
自分では行かないけれどテレビの中継を見ているだけでも結構楽しい。苦手な夏だけどお祭は夏に限ります。
[PR]
by felice_vita | 2006-07-25 20:10 | 日々雑記

健康診断を受ける

今日は1年に1度の健康診断の日。
今年からとうとう若年者健診の年齢を超えてしまった!これまでは自分で好きな検査機関を選んで申し込めていたのが会社指定機関に。健診希望月は選べるものの日時の指定ができず、午後1時45分から、という中途半端な時間に。小学生並みの規則正しい腹時計を持っているのでお昼前から仕事にならず(笑)
だが午後の検査は朝は8時まで食事ができるのがありがたい(ただしトーストは何も塗らない、コーヒー・紅茶もストレート)。が、結局検査が終わった3時前まで何も取ることができないので食事の時間が狂ってしまう。やはり検査は朝一に受けたいもの。

それにしても一向に慣れない胃部x線・・・。バリウム飲んでぐるぐる検査台で回るのはつらい。中学校あたりの体育の時間のようで、そのうち筋力が衰えてくると筋肉痛になるんじゃないんだろうか?
加えてバリウムの後の下剤が困りもの。いつも下剤をのんですぐに効果があるのに今年は全然きいてこない・・・あまりきれいな話ではないが私は元来まったく正常な腸作用の持ち主なのにバリウムを飲むと体内メーターが狂ってしまうようだ。
胃カメラも苦しいがバリウムも前後を考えるとつらい。どちらがいいかというと・・・胃カメラの方がましかも???うーん悩ましい。どっちも嫌だけど。

とはいえ特に何の異常も見つからず終了。めでたし、めでたし。
検査が終わったら平日の昼間は滅多に出られない梅田でお昼ご飯を食べて帰ろう!と他の真にしていだんだがバリウム腹で、検査前はあんなに美味しそうで迷っていたメニューの数々も色あせてしまい、パンとカフェオレで済ませてしまった。

追記
どうもバリウムの下剤がきかなかったのはカフェオレが問題かもしれない。
あちこち調べると1箇所、「乳製品は飲まない」という記述が!!!
[PR]
by felice_vita | 2006-07-25 20:06 | 日々雑記

音楽のまち

私が所属している合唱団は宝塚合唱連盟に加盟しており、今日は宝塚ベガ・ホールで連盟の合唱交歓会が開催された。今年で40回目、第1回目は1967年開催。
宝塚市は人口22万人にもかかわらず、連盟加盟団体だけで20弱もある。これに非加盟をあわせると恐らく倍くらいになる。さすが歌劇のまち、宝塚である。
ベガホールも300名ほどのキャパだが大変美しいホールで音響もすばらしい。舞台上には大きなパイプオルガンが配置され、上方にはステンドグラス。
何度かきているのに今日はじめて気がついたのが、正面入り口横にあるヨハン・シュトラウス像。ウィーンにあるそれのレプリカだそう。聞けば宝塚市とウィーン9区が姉妹都市縁組をしているらしい。
いろいろなものが東京にいってしまう中、宝塚のブランド力は健在。それを市も市民もよくわかっているのだろう、文化・教養に対する高い需要と供給のバランスもマッチし、さらにそれに付随する食や産業も一緒に発展しているよう。
この宝塚市、そして芦屋市、神戸市、、、その他の市町村も特色豊かな兵庫県は日本版連邦州といったかんじ、そして大阪が東京への対抗心が強いのに比べそんなものどこふく風、といった自分のまちへの愛着と誇りを持つ。もちろん大阪の人間も愛着は十分だが、どこか違うんだな。そういう私は現在大阪府民。
[PR]
by felice_vita | 2006-07-23 22:06 | ソロ、リサイタル

秋からのお楽しみ

大フィル後期会員のチケットと11月の兵庫県立芸術センターでのアーノンクール&ウィーンフィルのチケットが届いた。
これまで大植さん指揮の大フィル定期公演はScheduled、その他の定期はめぼしいものがあれば個人会員の友人に一緒に購入してもらっていたが、新年度から長原幸太君が首席コンマスに就任、毎回聴きたくなったので年度後期から定期会員になることにした。
コンサートは、「忙しい」中でもまとめてチケットを買っていればなんとしてもスケジュールをやりくりして案外行けるものである。
「忙しい」は理由にならない、というがまったくそのとおり。忙しいほうが帰って時間を有効に使えるもの。
秋からは大フィルはもちろん本格的な音楽シーズンの到来でお楽しみが満載。コンサートのオフシーズンである8月(27日は大フィル狭山があるが)、チケットを手に来るシーズンを楽しみに待つことにしよう。
[PR]
by felice_vita | 2006-07-21 21:13 | 国内オケ

社会人でも情熱を

団体代表の先生とともにとあるメーカーの営業部長さん、医療部門の総括部長さんと会食。
オシム語録のように学ぶところの多い2時間半でした。情熱にあふれる方たちに囲まれ久しぶりに食事も忘れ、あっというまに時間が過ぎていました。
大手の営業部長さんだからさぞ「売り上げてなんぼ」の人かと思っていたら仕事、業界、そして病にかかった人を救いたいという使命感でバリバリやっていらっしゃる方で、こういう方がたくさん周りに集まる先生ってやっぱりすごい人だ。。。と。
利益がないと組織はやっていけませんが、それでも情熱って大切。
こういう方にお会いすると、やっぱり働くって楽しいことだと思います。
[PR]
by felice_vita | 2006-07-20 23:19 | 日々雑記