<   2006年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

歯科検診へいく

私の住まう市では、30歳を過ぎた偶数歳の市民に歯科検診受診の案内が送られてきます。受診期間は10、11月で市内にある殆どの歯科医院で無料で検診をしてもらえます。私も近所の医院で受けているのですが、ここがかなりの人気で”予約の取れない”歯科医院、検診は予約不要なのでありがたいのですが治療を受けるには予約必須です。
前回の検査で軽い虫歯発見、治療していただいて以来歯科には行っていなかったのですが、その際しっかり受けた歯磨き指導”食べたら磨く”、を電動歯ブラシでこつこつ実施中。おかげで今回の検診では、虫歯もなく歯磨きもしっかりできています、歯もとても健康でいいですよ、のお言葉をいただきました。
どんなことであれ、健康、かつ誉められるということは嬉しいものです。
日本は長寿国家、食べることが大好きな人間は少しでも長く楽しく自分の歯で美味しいものをいただきたいもの♪
誉められたで気をよくした私、今日もしっかり歯磨き~ すこぶる単純です(恥)
[PR]
by felice_vita | 2006-10-31 21:33 | 日々雑記

大音2005年度最優秀賞受賞者演奏会 第3回ザ・ローレル・コンサート

に行ってきました。みなさん大音の2005年度卒業生、それぞれ現在は院生Or卒業生でいらっしゃいます。

1.作曲学科 中石 晃生 さん 
 「閃光」ピアノと室内オーケストラのための(2005)
 オーケストラのための「レトタティーヴォ」(2006)
2.声楽学科 木村 真理子さん
 ハイドン オラトリオ「四季」より”なんという爽やかな感じでしょう!”
 トスティ”Rosa”
 ロッシーニ 歌曲集「音楽の夜会」より”約束”
 プッチーニ ラ・ボエームより”あなたの愛の呼ぶ声に”
 ベッリーニ 清教徒より”あなたの優しい声が”
3.ピアノ学科 丸山 耕路さん
 ブラームス ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ 作品24
4.器楽学科 弦楽器閃光 岡 怜子 さん
 シューベルト ヴァイオリンと弦楽オーケストラのためのロンドイ短調D438
 サラサーテ カルメン幻想曲

みなさん最優勝受賞の実力ですから素晴らしいのですが、圧倒的な実力、もうプロとしての演奏技量で度肝を抜かれたのがピアノの丸山さんです。
一人だけ別の次元で演奏されました。
彼の演奏空間は他の演奏者のような若干の甘えや愛嬌が一切なし、もうこの時間は丸山さんのリサイタルとして観客がそこに存在するかのよう。
音のひとつひとつが明確、意図するところがはっきりわかります。タッチひとつで同じピアノを使いながらここまで音が違う。
そして。
”ピアノを始めたのは高校2年生から”。なんとそれまでは電子オルガンの世界にいらした!ピアノのキャリアが浅いことになりますが、これまでの受賞歴が半端ではない。飯塚新人音楽コンクールピアノ部門第1位、そして第74回日本音楽コンクールピアノ部門第2位。この2位は”ピアノ”演奏家としてのキャリア不足とみなされての2位ではないでしょうか。
もう演奏は圧巻以外の言葉がありません。ブラームスの変奏曲なんて誰もこういう場所では選びませんって。それを観客を惹きつけはなさず自分の音楽に引き込む技術と感性。
末恐ろしいです。
他の演奏家が、”今後とも研鑽、精進して更によい演奏家としての道を歩みます”というレベルなのに対して、”次の演奏会(リサイタル又は客演は)いついつですので・・・”というレベル。
電子オルガン界からピアノ界への華麗なる転身、いうなれば将棋の世界で5冠を重ねた人物が突然囲碁で本因坊に参戦、というようなレベルなのです。桁がちがう。
いいもの聞かせていただきました。うーん、マジで次回リサイタルの時期を知りたい。

ヴァイオリンってやはり実力+銘器なんでしょうか。
カルメン幻想曲、改めて難曲だなぁと実感。しばらく長原くん、大フィルの弦を聴き続けていたのでヴァイオリンに対する要求度が知らない間に高くなっていました。
演奏している曲の難しさを観客に一切感じさせないのがプロの演奏家、ということでしょうか。

音楽大学とはシビアな世界です大変失礼ですが個人でものすごい差が・・・
将来自分もピアノで食べていこう、という決意をもって入学したのに、同じ学年に丸山さんみたいな学生さんがいたら私だったら即退学して別の道を探すかも。
本気で世界に出る演奏家を目指す学生さんもいれば、楽しみで演奏できれば幸せという学生さんもいる。それぞれ色んな演奏家がいていいのですけどね。
[PR]
by felice_vita | 2006-10-31 00:03 | 国内オケ

フィギュアスケート・Gシリーズ2006 安藤選手の復活

真央ちゃん、まさかの失速。これが追われるもののプレッシャーというものでしょうか。

そして。
安藤美姫選手、お帰りなさい!!!ミキティスマイル、自信と気迫が加わり、ゾクゾクしました。
決め続けるジャンプ、長いステップシークエンス、ジャンプの後のバランス確保のために後ろに引き上げる腕の角度の美しさ。黒い衣裳に銀のスパンコールがキラキラと光り、リンクでとても美しく映えて、安藤選手の演技をますます素晴らしいものにしています。
最高でした。
勝負を超えた、一人の選手の成長物語。

そして今結果が!
なんとなんと、マイズナー選手を上回る得点、現在第1位です。
鳥肌が立っています。
インタビュー聞きながらもらい泣きです。。。

結果。
1位 安藤 美姫 選手
2位 キミー・マイズナー 選手
3位 浅田 真央 選手

日本人が2人、表彰台にのぼりました。素晴らしい!
[PR]
by felice_vita | 2006-10-29 20:38 | スポーツ

びわ湖ホールプロディースオペラ ヴェルディ「海賊」

若杉弘さんが芸術監督に就任され9回目となるびわ湖ホールプロディースオペラに行ってきました。開館以来、これまでずっとヴェルディの初演ものを上演し続けてこられ、今回の9回目が一区切りとなります。
「海賊」というとバレエはおなじみですがオペラは殆ど日本で上演されることがありません。今回の海賊ヴェルディですが、あとベッリーニにもあります。私はベッリーニの海賊ファンですがヴェルディは聞いたことがなかったのでとても楽しみ。

歌劇「海賊」
原作:ジョージ・ゴードン・バイロン
作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ
初演:1848年10月25日 テアトロ・グランデ(トリエステ)
総監督・指揮:若杉 弘
演出:鈴木 敬介
装置:イタロ・グラッシ
衣裳:スティーヴ・アルメリーギ
合唱指揮:シルヴィア・ロッシ
キャスト(28日):
コッラード(T)=市原 多朗
ジョバンニ(Bs)=斉木 健詞
メドーラ(S)=緑川 まり
グルナーラ(S)=出口 正子
セイド(B)=福島 明也
セリモ(T)=樋口 達哉
宦官(T)=湯川 晃
奴隷(T)=児玉 和弘
合唱:びわ湖ホール声楽アンサンブル、東京オペラシンガーズ
管弦楽:京都市交響楽団

まず舞台の美しさに拍手。イタリアの舞台装置、衣裳で、びわ湖ホールはイタリア・トリエステ、トルコのハーレムの風景が作り出されています。特に海の青はまるで「青の洞窟」、日本人では考えられない、まるで宝石のように青く輝く海になっていました。(この舞台で”コジ・ファン・トゥッテ”上演してもおかしくないです)

合唱が素晴らしい。男声合唱のたくましさ、これだけ男声が集結するのははじめてみました。国内だとどうしても女声ばかりが増えて男声がいるのかいないのか存在感がないのが、「海賊」では女声の印象がほとんどないほどの存在感です。力強く、殺陣もあり、まったくもってブラヴィーです。ソリストも男声陣に軍配。市原さん、甘く丸いテノールの声に酔わされました。福島さん、オペラで見たのは初めてでした。第九や演奏会形式オペラでのソリストでは何度もお聴きしいていたのですが、なんてもったいない。オペラでこそ福島さんの”ちょい悪”<”マジ悪”バリトンぶりが生きてきます。ジョバンニの斉木さん、マントを翻す姿が美しい!うっとりです。
女声、ソプラノソリストのお二人、おそらくこれは観客の好みで感想が違うと思います。私としては緑川さんの役自体がはじめと終わりしかでてこない上性格的にも引きの役であるため印象に残らず。初めの歌いだしも高音部に少々違和感があり元来の彼女の聴き数が少ないため出来としてどうなのかが判断できません。
出口さんの声、響きでもっていく声でアイーダを彷彿させますが、私は芯のあるソプラノ声が好きなので、あれだけ素晴らしい出来具合だったのですが、総体的にいって 男声優位という印象です。

びわ湖ホール、オペラを聴くならここに限ります。が、いかんせん遠いです。
最高の響きを持つ馬蹄形ホール、借景にはびわ湖、という素晴らしさ。
ただホワイエにはちょっと不満です。8回ほど利用していますが一向に改善されない。
隅っこでこせこせとドリンク、フードをいただくのはちょっと。。。まるで駅前のマクド的空間。
アルコールはグラスで提供されるのですが、ソフトドリンクとお茶菓子は紙コップ・紙皿で提供されるのです!信じられない。これだけのホールなのにこのしょぼさはいただけない。せっかくの雰囲気を見事にぶち壊してくれます(怒)。それからびわ湖を借景とする全面ガラスのホワイエには椅子は並ぶのにドリンク・フードをいただくためのテーブルがまったくないのです。これではホワイエは無造作に人が行きかうだけの場所で、せわしいだけ。オペラを楽しむ入り口となる空間としては検討の余地があるかと思います。
オペラは舞台で繰り広げられる総合芸術であると同時に、観客もその一部だと思います。楽しみ、芸術を語るための空間をもっと充実させて欲しいと思います。
オペラだって宝塚と同じ、夢を見るために出かける人も多いのですから。

びわ湖ホール、若杉さんは今年度いっぱいで芸術監督を辞され、来年度からは沼尻竜典さんが就任されます。
就任されてからの第1弾オペラは11月ツェムリンスキーの「こびと(王女様の誕生日)」→初めてききました、このオペラ。 そして第2弾、プロディースオペラは神奈川県民ホールとの共同制作公演でR・シュトラウスの「バラの騎士」です。
沼尻氏のコンセプトがどこにあるのか今ひとつつかみきれていないのですが、イタリアものから離れられるのでしょうか??? ただひとつ、第二の新国立はやめてほしい。。。
[PR]
by felice_vita | 2006-10-28 22:04 | オペラ・オペレッタ

大阪市が「創造都市戦略」公募開始

大阪市が18日からこんな意見公募を行っています。

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 大阪市:活性化へ15事業を提案 市民の意見募る /大阪
「『(仮称)創造都市戦略』の策定に向けて(骨子案)」をとりまとめました。
皆様のご意見をお寄せください。
***** 
 大阪市では、市政改革が進捗する中、市役所改革から大阪市という地域全体の経営、いわゆる都市経営に向けた新しい発想に基づく「未来」戦略づくりを進めています。
 このたび、今後の議論の素材とするため、「人」に着目し、市民の創造性が発揮され、その結果、さらに人や企業が集積し新たな都市活力が生み出されていくという考え方にたった『(仮称)創造都市戦略』の策定に向けた基本的な考え方を「『(仮称)創造都市戦略』の策定に向けて(骨子案)」としてとりまとめました。
 この骨子案の考え方や今後の具体的な取り組みについてのご意見をお寄せください。
 今後、皆様からいただいたご意見を参考に検討を進め、18年度中に『(仮称)創造都市戦略』を策定する予定です。
大阪市経営企画室のページ
*****

新庄日本ハムが札幌を活性化したように、大植大フィルが大阪を活性化!
締め切りは12月15日(金)ですからあと1ヵ月半あります。チーム・大フィルサポーターとしてここはひとつ意見のひとつでも出してみますか?
東京、首都圏との対立軸的な見方ではなく、大阪という街だけを見つめ直して、ここに住みたいと思う、毎日を楽しく快適に過ごせる、人とのつながりを大切にできる街、大阪へ。
彩都誘致失敗の理由のひとつに、「大阪の若年労働者の少なさ」が上げられているのをみて驚きました。まさか人手不足、人口流出、技術者不足が大阪で言われるとは。
「オレ様」ではなく「お互い様」、相手を思いやれる人が音楽を通して増えればいいなぁ。
[PR]
by felice_vita | 2006-10-27 21:41 | 日々雑記

新庄選手に拍手

昨日ははじめからおわりまで見てしまった日本シリーズ。
今年の北の大地は野球一色でしたね。あのものすごい盛り上がり!ブラウン管を通しても圧倒されました。楽しそうだ~ ドラゴンズはいいところなく終わっちゃいましたね。(ということを今朝話していたら、同僚いわく「ほんと、中日は。空気読めよっていうか。(阪神だったら新庄と古巣対決だったのに)」 こんなもんかというかんじ。
はじめて札幌ドームの中継を見たときの画面の揺れに"hatena???"
まさかお客さんがジャンプしてあそこまで揺れてるとは思いもよらず。そういえば大阪ドーム
でのコンサート、近隣住民から振動苦情があり禁止になったっていわれてたけれど、本当に振動するものだったのですね。震度3だとか。そりゃ私も住民だったら嫌かもなぁ。

試合の盛り上がりについてはいまさら言うことはありません。日ハム完全勝利です。
あらためて今日インタビューを見ていると。
新庄選手、プロ入団時に初月給で買ったグローブをいまでも大切に使っているのですね。私は引退宣言聞いた日まで、完全に彼という人物を誤解していました。
本当に野球が好きで、人を喜ばすのが好きな人だったんですね。
いまではすっかり大ファンです。彼の第二の人生、これまた楽しみです。

・・・ひとりごと。
去年は阪神リーグ優勝セール、日本シリーズありがとう阪神セールの恩恵をこうむっていたのですけど、今年は何もなく10月が終わります。
ほんま、中日は、空気読めよ~~
[PR]
by felice_vita | 2006-10-27 21:06 | スポーツ

第49回 大阪国際フェスティバル 

明日チケット発売開始ということをお聞きしていた来年の大阪国際フェス。(J.Dさん、大フィル情報ありがとうございました)
今日の朝日夕刊の中1ページ使ってプログラム発表されていました。
来年はGWをはさんで長期間ですよ。
明日発売、通しチケットもあります。日程をみてシングルで買うか通しで買うか、まだ迷っています。
通しは能・狂言を除く7公演でS:53,900(定価77,000)、A:44,100(63,000)、
BOX:67,900(97,000)です。かなりお得な内容です。
大植さん&大フィルは今年と同じ4月26日。ということは来年もみどりの日かわって昭和の日4月29日の星空コンサート、期待してもいいでしょうか!?

*4月9日(月)19:00 ≪ガラ・プルミエール≫
♪デイヴィッド・ギャレット&大阪センチュリー交響楽団
 指揮=金聖響
 管弦楽=大阪センチュリー交響楽団
 ヴァイオリン=デイヴィッド・ギャレット
曲目=ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品61番ほか
料金=S:9000、A:8000、B:6000、C:4000、D:2000、BOX:12000

*4月11日(水)18:30
♪フェスティバル能・狂言

*4月17日(火)19:00
♪スロヴェニア国立マリボール歌劇場管弦楽団 ガラ・コンサート
 管弦楽=スロヴェニア国立マリボール歌劇場管弦楽団
 ソリスト=デジレ・ランカトーレ、川畠成道、チェルソ・アルベロほか
曲名=メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調
   サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
   オッフェンバック:「ホフマン物語」よりオランピアのアリア ほか
料金=S10000、A8000、B6000、C4000、D2000、BOX13000

*4月18日(水)18:00
♪スロヴェニア国立マリボール歌劇場オペラ「ラクメ」
 指揮=フランチェスコ・ローザ
 管弦楽=スロヴェニア国立マリボール歌劇場管弦楽団
 合唱団=マリボール歌劇場合唱団
 バレエ=マリボール歌劇場バレエ団
演目=オペラ「ラクメ」全3幕(上演時間 約3時間)
 出演=デジレ・ランカトーレ(S)、チェルソ・アルベロ(T)ほか総勢150人
料金=S19000 A17000、B15000、C10000、D7000、BOX22000

*4月21日(土)17:00
♪ウラディーミル・フェルツマン・ピアノ・リサイタル
曲名=ベートーヴェン・ソナタ第8番ハ短調「悲愴」
          第31番変イ長調
    ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
料金=S7000、A6000、B4000、C3000、D2000 BOX10000

*4月26日(木)19:00
♪大植英次指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
 指揮:大植英次
 ブルックナー:交響曲第8番ハ短調(ハース版)
料金=S8000、A6000、B4000、C3000、D2000、BOX10000

*5月10日(木)19:00
♪フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
 指揮=チョン・ミュンフン
 曲名=ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」ほか
料金=S15000、A12000、B9000、C7000、D5000、BOX18000

*5月14日(月)19:00
♪アンヘル・ロメロ&村治佳織・ギターコンサート
 指揮=小泉和裕
 管弦楽=大阪センチュリー交響楽団
 独奏=アンヘル・ロメロ、村治佳織
 演目=武満徹:夢の縁へ(村治)、ロドリーゴ:アランフェス協奏曲(ロメロ)
   ロドリーゴ:マドリガル協奏曲(ロメロ&村治)
料金=S9000、A7000、B5000、C4000、D3000、BOX12000

予約・問い合わせ
大阪国際フェスティバル協会
大阪国際フェスティバルホームページ(まだ48回のままですがそのうち変わるはず)
06-6227ー1061
[PR]
by felice_vita | 2006-10-27 20:33 | 国内オケ

脳の不思議

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 泥酔無事帰宅の“能力”に脳の神経細胞が寄与
**
 「酒を飲み過ぎて何も覚えていないが、ちゃんと自宅に帰っていた」などという“能力”も、この神経細胞のお陰らしい。
**

私もよくあります(笑)ので面白く読みました。
飲んでいる途中からの記憶が全くないのに、きちんと家に辿り着き、鍵もかけ、コンタクトもはずしてお化粧まで落として寝ているのです。
脳って不思議ですね。
[PR]
by felice_vita | 2006-10-25 19:56 | 日々雑記

彩都不発、大阪経済はどうなる?

NIKKEI NET:企業 ニュース

今朝の新聞一面を見て絶句。やはり駄目だった!
「武田薬品 新研究所、神奈川に 大阪、誘致に失敗」
「大阪府、誘致に失敗 神奈川へ 250億円支援実らず」

大阪府商工労働部には丸ごと彩都バイオ対策をやる担当課までできていたのに、その核ともなるはずのものが最初にこけてしまった。大阪府の失敗はあまりにも痛い。
武田薬品の研究所が大阪から拠点を移す痛手だけでなく、これだけ大盤振る舞いを約束したのにかなわなかったこと、そして一民間企業に200億出します、徹底的にサポートします土地も優遇しますだなんて言ってしまった手前他の民間企業に対する体面はどうなるか、ということ。
シャープの工場は亀山へ、松下の工場は尼崎へ、そして武田薬品の研究所は関西から出て行ってしまう。大阪府の取り組み方に問題があったとしかいいようがない。
創業の地だから黙っていてもいてくれるだろう、なんて甘い。
3セクの失敗も先行きの明確な見通しをもたず進めた結果。

そしてまた現在、大阪は2008年のサミットの誘致活動を進めている。
やることなすこと「下手な鉄砲、数打てば。。。」あまりにも安易。数打ってあたらず、そして5兎くらいを追って全てに逃げられているんだからいうことない。
”商いの地””中小企業のものづくり”、あまりにもそこにこだわりすぎている気がするのだが。
[PR]
by felice_vita | 2006-10-25 19:47 | 日々雑記

世界史優先、英語優先

富山県のとある高校が、学習指導要領の社会の必須取得科目2つに反し、受験への配慮か1科目しか授業取得を実施していなかったとか。学校学年の教員の総意でやったそうです。受験生はたまったものではありません。。。これから本格的な受験体制に入るというのに!
でもこれまではどうだったんでしょうね?今年から初めて、なんてことはなさそうですし、有数の進学校だそうでこれまでも同じ行為が行われていたとしたら他校の生徒にとっては面白くないですし。

ところで社会の必須科目を見て驚きました。
世界史と地理、あるいは世界史と日本史をとるのですね。日本人なら日本史が必修でしょう、と思っていたのですが。小学校では国語よりも英語だし。
こんなので美しい国、日本への誇りをもつ国民が育つのでしょうか???
個人的には社会はその国に育つ人間にとって一番大切だと思うので、社会で日本史は絶対に外せないと思うのです。
国際化社会において(90年代初頭の言い回しですね、これは)世界の歴史と情勢を知っておくのは大切、という考えもありますが、でもその国際社会に出たときに自国の歴史を知らないことは本当にこれ以上ないくらい恥ずべきことだと思います。
例えば1492年、アメリカやヨーロッパでこれこれがあった、というのを覚えるよりも、そんなことは知らなくても日本でこの時に何時代でどんな世情だったかを知っておけば、世界の情勢もその中で捉えることができるはず、というのが私の考えです。
[PR]
by felice_vita | 2006-10-24 23:18 | 日々雑記