<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ベルリンへ

f0041305_1234279.jpg

いってきます!
[PR]
by felice_vita | 2007-05-31 12:34 | 海外旅行

旅と音楽

昨日ようやく自分のPCをネットにつなげることができました。

明日から1ヶ月、ベルリンに行ってきます!
地元ではそれはそれでのんびりしていていいのですが全然音楽のない生活はさすがに哀しいものがあります。
今年も去年と同じ6月にドイツ行きです。ワールドカップ、もう1年も前のことなのですね。
ドイツは何度も行っているのですが、ベルリンには一度も行ったことがありません。「半端な日数じゃ見られない街」と聞いていたので今回は迷うことなくベルリンに決めました。
目的は。もちろんベルリンフィルです。
ベルリンフィルを、ラトルの指揮で、フィルハーモニーできくこと
が夢でした。
ベルリンフィルの定期(かな?)は3日間あるのですね。ラトル&BPOの今回の演奏会は3日目を聴いてきます。ブラームスのピアノ協奏曲でピアノはバレンボイム!もう1曲はクルト・ヴァイルです。
1週間おいただけで今度はブーレーズ&BPOの3日間が!夢のようです。
残念ながらヴァルトビューネは売り出しと同時に売り切れでテレビ鑑賞に。今年は6月17日です。大阪城の「星空コンサート」を思い出しながら鑑賞したいと思います。

またベルリンには3つの歌劇場があります。
州立歌劇場、ドイツオペラ、コーミッシュオーパーです。6月はぎりぎりシーズン開催中、毎晩どこかでオペラが楽しめます。
1ヶ月でどれだけ見ることができるでしょう?! 体力と資力次第ですけど。
それにフェルメールの作品をおさめた美術館他、博物館島、数え切れないほどの娯楽施設・・・

でも、見知らぬ土地での1ヶ月ですので今回はさすがに緊張しています。
PCをもっていかないのでネットカフェを見つけて書き込んでいきたいと思いますので、日本の演奏会情報・感想もコメントいただけると嬉しいです。今夜は大フィル定期の1日目なんですよね~
[PR]
by felice_vita | 2007-05-30 18:05 | 海外旅行

田舎暮らしは大忙し

実家は農家で、稲作の他にもビール麦を耕作しています。
農繁期にはいり、田植えの前に麦の刈り入れが今日からはじまりました。

f0041305_1655734.jpg


田舎暮らしはのんびり、時間が過ぎるのはゆっくりなのですが、作物の世話をしたり収穫をしたり、収穫物を料理したり、あと地元のおつきあいが密なので忙しいです。

そう、のんびりのんびり、すべてがゆったり。
インターネットの速度もゆったり8Mです。
しかも自分のPCをまだネット接続していないので自宅の骨董PC(Win98)を使って接続するものだからもうその遅さといったら、、、こういうところでストレスがたまります。
家の数が少ないので光ケーブルなんて夢のまた夢・・・

でも意外に早くこの時間の流れ方になれてきました。
何よりも地産地消、野菜が美味しいです。
[PR]
by felice_vita | 2007-05-28 16:10 | 日々雑記

五月の風

f0041305_1555468.jpg

実家に帰ってきました。
空が広いです。
[PR]
by felice_vita | 2007-05-13 15:55

朝の時間

昨日学生時代からの友人から電話があり想い出話に花が咲いたのですが、共通してすきだった科目の先生が3月末にお亡くなりになったことを知りショック。訃報が掲載されていたそうなのですが全然気づきませんでした。
検索すると確かにありました。既に退官されてかなり経つとはいえまだ70代です。
ゼミ生ではありませんでしたが、豊富な知識と教養、イギリスに対する愛情に裏打ちされた講義は大変説得力があり、語り口も穏やかで尊敬していました。
ご退官の最終講義も聞きにいったのですが、紹介者の先生から「先生は毎朝5時に起床され、グラッドストーンの原著、英語ですよ、をめくられるのが朝のスタート、日課でした・・・」というコメントがあり、尚更尊敬の意を深くしたのでした。これが私が毎朝5時に起きるようになったきっかけにもなりました。私は朝の準備でバタバタで結局、教養も趣味もこの時間に起きても身につけることはできませんでしたが、”朝早くに起床し、一番に書をひもとく”という姿勢には今も強くあこがれ、かくありたいという願望は持ち続けています。
先生には西洋政治史を教えていただきましたが、同じ時期に東欧政治史(私は国際関係論を教わったのですが)の先生も退官され、そして数年経たないうちにお亡くなりになり残念で仕方ありませんでした。

時期を同じくして退官された2人の先生、おふたりとも学問に対する愛情と探究心、尊敬する姿勢が学生にゆっくりと、でもじわっと確実に伝わってくる先生でした。
空きポストに助教授として入られた先生は私とほとんど年齢が変わらない若い先生で、講義を拝聴する機会はありませんでしたが、やる気と学問に対する闘争心あふれる、いかにも「切れ者」の先生でした。これからの時代はこの先生方がひっぱっていかれるのだろうなと思いました。
それでも退官された先生方のもっていらした独特の学問を追究する姿勢、生まれた時代によるのかもしれませんが、今教壇に立ち次代を担う研究者とは異種の、よき時代のよき学問の伝承という使命のようなものをもった先生が、こうしてどんどん少なくなっていくことを大変寂しく感じます。
前職では縁あってある退官された先生とお仕事をご一緒させていただきましたが、こちらの先生にも同じものを感じ、あわせて今現在大学で学ぶ学生さんがこうした先生方から直に教わる機会がないことを少し気の毒に思います。
[PR]
by felice_vita | 2007-05-10 09:35 | 日々雑記

毎日が月曜日!?

退職してのんびり、、、のはずなのですが。
連休中は千客万来、連休終わったら終わったで社会保険などの手続き諸々でお役所、銀行口座の閉鎖で神戸や大阪市内をいったりきたり。
実家に帰るのですが引越しの荷造りは一向に進まず、今週末に片付くのかものすごーくあせってきてます。
引越ししても結局検査、通院で大阪に来ることに。先月の検査結果を聞くためだけに国保に切り替えたばかりの保険証もって病院に行ったらレッドカード再再検査。それも今度は設備のある病院に紹介状持って行ってなので検査も2週間後に。
マンションは今月一杯借りてますが、引越しの荷物と別においておかなければならないものもあるし、NTTはどうする、インターネットのプロバイダは、、、
そしてなによりも31日からの旅行なのですがスーツケースの手ぶらサービスはいつピックアップに来るものなのか、実家か大阪か、はたまた携帯の受け取りはいつになるか、大阪と実家の二重生活もパニック状態です。ユーロ高も最高潮、両替を迷っていたらなんと店頭レートは167円!?サミットで行き過ぎた円安に苦言を呈してくれ~
仕事を辞めて毎日が日曜日どころか毎日月曜日のようで大忙し。コンサートは我慢、です。

とりあえずは引越しの荷造り最優先なんですが、たまりにたまった荷物、不用品は処分しようとチェックしていて見つけた昔のコンサートパンフや整理していない写真に魅入って時間をとられ、、、(ロン響指揮でのロストロポーヴィチさんのサイン色紙を見つけ落涙)
何やってるんでしょうねぇ、私。
[PR]
by felice_vita | 2007-05-09 19:06 | 日々雑記

攻めのUSJ

足がパンパンにはるまで遊びまくってきました。

2001年3月末オープン、私は初日に行ったのですがそれからもう6年もたつのですね。
6年の間に随分ユニバーサルシティ駅からUSJまでの”ユニバーサルシティウォーク”もホテルも、そして園内も整備されアトラクションが増えていました。そしてチケットの制度も変わっていて少々戸惑いましたが無駄のない仕組みになりその点短時間で遊びつくしたい人にはもってこいです。

お昼に到着、10ヶ月ぶりに会う友人と落ち合い、USJ内は混むのでゆっくりと食事&話ができるところ、というのでホテル京阪のワールドバフェで昼食。その後2時過ぎにUSJに入場しました。

いつ出来たのか知りませんが「エクスプレスパス」というものがあり、チケット代にプラスして3400円払えば、いくつかのアトラクションに優先入場できるのです。私達はブックレットセットというのを選択。事前に購入もできるのですが、私達は到着後購入したので、優先入場は17:40から。
・スパイダーマン
・ハリウッドドリーム・ザ・ライド(最新のジェットコースター) OR セサミST OR シュレック
・ET OR JAWS OR BTTF
・バックドラフト OR ジュラシックパーク OR ターミネーター
の4つを確実にほとんど待ち時間なしで参加可。今回は スパイダーマンのほかはジェットコースター、JAWS、ジュラシックパークの4つ。
夕方からの優先入場でしたので、それまでウォーターワールド、ウィキッド(オズの魔法使い)、モンスターライブを見学。ちょうど時間が来たのでエクスプレスパスのアトラクションへ参加しました。
今回アトラクションですごいと思ったはスパイダーマン。ジェットコースターは好きな人はいいですが私は微妙です(笑)。でも乗る価値はあります。やはり新しく出来たアトラクションは優れていますね。6年前は当時あったものすべて回り、今回もいくつか回りましたがジュラシックパーク、ジョーズ、ウォーターワールドはまた来ても楽しめましたがターミネーター、BTTFは今ひとつ。インドアで変化もなく古く感じてしまいました。(ウィキッドも新しいショーとは思うのですが長いわつまんないわ・・・途中退場者多し。これは行かなくってOK)

でもアトラクションを差し置いて一番楽しめたのは夜に1度だけあるショー、「ネバーランド」。
パークのど真ん中に広がるラグーン上で繰り広げられる夢いっぱいのピーターパンミュージカルなのですが、歌、踊り、そして驚愕の超高層・高速・長時間のフライング!華やかな音楽に花火も加わり、クライマックスのこれでもか!のフライングでは思わず涙が。
これから行かれる方、是非ご覧になってください。

一歩パークに足を踏み入れた途端そこは別世界。一気に子どもに戻ったみたいにワクワクしっぱなし。叫んで笑って歩いて、発散して帰ってきました。
f0041305_7411224.jpg

[PR]
by felice_vita | 2007-05-03 23:27 | 日々雑記

USJにきました

f0041305_12171086.jpg

最近在住者の来園が増えてるのか、この一ヵ月で私の友人もなんと五組もきたとか。
私も開園以来の来園です。
[PR]
by felice_vita | 2007-05-03 12:17

大フィル 星空コンサート@大阪城・西の丸庭園

2日遅れになってしまいましたが29日の星空コンサートです。
すごい人になることは分かっていましたので、この晴天下早々に並んでも日焼けが怖い、と5時前に到着。
谷四駅地上出口そばのコンビニも売れ行き好調、軽装・防寒・ピクニックセットを両手に大阪城に向かう人の流れがすでに出来ていました。
西の丸庭園入り口でチケット購入、予想通りすごい列だわ、と最後尾を目指したのですが・・・お堀を入った入り口にも列は続き、係の方の「ここは最後尾ではありません!最後尾はまだ先になります」の案内を耳に、天守閣へ向かいましたがまだ終わらない!最終的には資料館の裏を越え貯水池の手前でようやく最後尾を発見しました。今まで経験した行列の中でも3本指に入ります。さすがの大行列に開場も20分繰り上げられました。

朝日コム夕方の記事では観客1万4千人。こちらの記事では舞台から観客、大阪城が一体になった素晴らしい写真が掲載されています。舞台から観客はこういう風に見えているのですね。すごい光景!

大阪野外芸術フェスティバル2007
大阪フィルハーモニー交響楽団創立60周年記念事業
2007年4月29日(日・祝)18:30開演 
主催:大阪市、(社)大阪フィルハーモニー協会、朝日放送
f0041305_6504917.jpg

星空コンサート
大植英次 指揮
大阪フィルハーモニー交響楽団




バーンスタイン:「キャンディード」序曲
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」第4楽章
J・シュトラウスⅡ世:ワルツ「美しく青きドナウ(淀川)」
サン=サーンス:序曲とロンド・カプリチオーソ
         Vn独奏 見渡風雅(池田小学校6年!)
J・ウィリアムズ:映画「E・T」フライング・シーン
ラヴェル:ボレロ
チャイコフスキー:序曲「1812年」

青空が徐々に赤く染まり、開演時にはすっかり夜のとばりが。
本当に美しい夜空の下でのコンサートでした。
広報としてはポスター、市の広報紙、あとは演奏会での差し込みチラシくらいだと思うのですが、これだけの人がよく集まるものです。さすが大阪人、きっと「なんか面白そうやん」という行事にはすかさずのってくる!新しモン好き、面白いもん好きの大阪人気質にぴったり合ったのでしょうね。現に「人ごみ嫌い、行列嫌い」の私がこちらに住まうようになってこういったイベントに喜んで参加しているくらいですから大阪パワー、あなどれません。
演奏は、PA通して、舞台も私の場所からは遠いものの、雰囲気を味わうには十分足ります。みんな好き好きに場所をとって飲んで食べて。でも演奏が始まったら皆さん手をとめて聞き入っている。魔法にかかったような光景でした。前方右手にはスクリーンが設置され、舞台の様子がアップで楽しめます。こういう時思うのですが、この業界はまったく知らないのですがカメラマンさん、映像を切り替える方の技術はすごいですね。この楽器!というところでズバッと映像が切り替わり迫力・臨場感倍増です。
f0041305_7115484.jpg
朝日放送がカメラを入れており、6月30日の深夜に放送、そのため場内放送で「カメラのフラッシュお断り、カメラ付携帯での撮影は音が入るのでOut・・・」とことわりが。こんなん守る人いないよ~と思っていたのですが、意外に皆さん守っていらしてこれまたびっくり!
私はデジカメもって行っていなかったので開演前の舞台風景です。


すっかり日も落ち、後ろには大阪城天守閣と見事なお月様。
大フィル楽団員の皆さんも、この観客数と美しい大阪城の光景にさぞ気分よく演奏されたと思います。私もE・Tのフライングシーンではあまりにも音楽と夜空がぴったりで涙が出そうになりました。
f0041305_7135868.jpg


すばらしい1日でした。
スタッフの皆さんお疲れさま!大フィルの皆さん、大植さん、そして観客も一体になって作り出した全員参加の星空コンサート、楽しかった~!
ベルリンフィルのヴァルトビューネに負けない市民のための野外コンサートとして定着すればいいな♪
[PR]
by felice_vita | 2007-05-01 06:49 | 国内オケ