<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

原点回帰

明後日からカリフォルニアに行ってきます。
子供のころ、外国というとアメリカ、それも西海岸が私の中の「外国のイメージ」でした。
小学生の時に見たスター・ウォーズ、未知との遭遇、レイダース(その後のインディ・ジョーンズシリーズ含め)、映画といえばハリウッド、ハリウッドといえばG・ルーカスとS・スピルバーグ、とにかくアメリカが好きであこがれでした。
それだけあこがれたアメリカだったのに、カリフォルニアへはSFOのトランジットとLAのディズニーランド、街として滞在したのはサンディエゴのみ、そして以来カリフォルニアには一歩も足を踏み入れていませんでした。
アメリカもNYは行くけれどそれよりもすっかりヨーロッパにはまってしまい、G・ブッシュ政権になってからはむしろアメリカ嫌い。
先月のNY行きで、当分アメリカはないな、と思っていたのですが、カリフォルニア。
オペラとナパバレーの誘惑です。

ヨーロッパに行くよりものすごく緊張しています。服装、治安、、、どうなのでしょう、不安だ。

ところでインディ・ジョーンズ4、撮影中だそうですね。いくつになってもインディ(ハリソン・フォード)は私の心の恋人です(笑)。
[PR]
by felice_vita | 2007-11-27 09:42 | 日々雑記

映画「プロヴァンスの贈りもの」

ピーター・メイル著「南仏プロヴァンスの十二ヶ月」が流行ったのは何年前でしたっけ?
この映画の原作はそのメイル氏です。

プロヴァンスの贈りもの
2006年・アメリカ映画
リドリー・スコット監督

映画で映されるイギリス・ロンドンの証券の世界は好景気のイギリスの現在そのもので。一瞬、ニューヨーク~プロヴァンスの物語?と戸惑いました。ロンドン、ポンドは強いし、五輪は招致したし、で、ますます景気いいのでしょうね。

ボージョレー・ヌーボーの解禁にこの映画を見てしまったので、ものすごくワインが飲みたくなりました。
プロヴァンス、空気が違いますね。映像でもよくわかります。行ってみたい、けど、フランス語が話せないとせっかくの環境も楽しめそうにないなぁ。
[PR]
by felice_vita | 2007-11-16 09:24 | 映画・テレビ

映画「ミルコのひかり」

ミルコのひかりを観ました。
監督・脚本・プロデューサー:クリスティアーノ・ポルトーネ
サウンド・デザイン:ミルコ・メンカッチ
2005年 イタリア映画

やさしい映画です。登場人物のいずれもが、厳しい人はいてもそこに筋がとおっている。
目が見えない感覚、聴覚に非常に訴えてきます。映画で流れる風や雨音、ミツバチの羽音、自然のものもつくった音も、どんどん耳に迫ってくる。そのうち目で音を聴いているような錯覚が生まれ、聴覚だけではなく五感全体が刺激されるように。
この映画が実話であり、主人公のミルコが現在もイタリア映画界屈指のサウンドプロデューサーとして活躍しているということに、胸があたたまります。

シネマ・クレール、良い映画をどんどん持ってきてくれて嬉しいです。
[PR]
by felice_vita | 2007-11-01 08:53 | 映画・テレビ