<   2008年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

オラリー・エルツ指揮 ルツェルン交響楽団

早いもので6月も終わり。2008年も半分終わってしまったぁぁぁ

初サントリーホール、どこで下車すべきか迷った挙句、乗り換えがめんどうなので大江戸線1本で六本木まで行き約10分ほど歩く。でも「大阪~シンフォニーホール」に比べれば若干近いか。
で、アークヒルズ。緑、滝、カフェ、くつろぎの美空間。シンフォニー周辺もこれくらいの環境があれば・・・

2008年6月30日(月)19:00 @サントリーホール
オラリー・エルツ指揮 
ルツェルン交響楽団
ウェーバー :オペラ『魔弾の射手』序曲
ショパン :ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 op.21
ブラームス :交響曲第1番 ハ短調 op.68
Pf:ニコライ・トカレフ

♪アンコール
シューベルト :楽興の時 第3番
バッハ/シロティ :前奏曲 ロ短調 ・・・ぴあの

シベリウス:悲しいワルツ
ブラームス :ハンガリー舞曲 第6番・・・おけ

ルツェルン交響楽団。スイスはルツェルン歌劇場の専属オーケストラでもある。1806年設立。
プログラムを見て得意とする領域、レパートリーって何だろう???と頭をひねる。オペラオケなので聞き物としては1曲目なのか?そして何ゆえショパンのピアコン??ブラ1はやっぱりご時勢???
と、たくさんのはてなを浮かべながらホールに向かったが。

サントリーホール、残響2.1秒。結構どころかかなーり長く感じる。
ベルリンのフィルハーモニー同様きっとどこの席できいてもはずれはない構造。ぶどう畑構造はたいしたものだ。

魔弾の射手。低音弦パート、というのではなく全体の弦パートの低音が美しい。管楽器が迫力。
オラリー・エルツさん、細身、手、長っ。
2曲目。ショパンのピアノ協奏曲Nr2。第1楽章途中から3楽章始まるまで夢うつつ。
トカレフ氏、かつての坊ちゃんカットで「トカレフ君」といわれた頃の名残はまったくなし。
これでもかってくらい完璧な演奏。まるでCD聴いてるみたいで私にはちょっと無機質。
昨日たまたまラジオでラン・ランのショパンNr1withLAフィル聞いたところ、演奏者はラン・ランと聞かずしても「もしやこれって郎朗か?!」というくらい彼の音は明るくキラキラ。聞いていて楽しくなるんだよな。ダントツの躍動感。そんな昨日の今日でショパンだからさぁ。。。

で、3曲目。
エルツ氏、指揮台の上で跳ねる、、動き回る!マトリックス~!?。最近こういうタイプ少なくなってたので妙に新鮮。
テンポは全体的に早め。
4楽章も最終ラウンド。魔弾では「長い」と感じていた残響を最大限に活かした演奏。
余韻にいつまでも浸っていたかった。
オーボエ、美しすぎる。すっげー名手。ホルン、頼むから日本のオケに来てくれ。

ルツェルン交響楽団、超不思議オケ。アンコールはノリノリ。浪花節でなく、カンタービレタイプでもなく、洗練されているわけでもない(失礼)、かといってドイツのように実直・質実剛健なわけでもないし・・・つかみどころのなさが却ってひきつけられるんだな。ニュータイプのオケ、とでもいうのか。

サントリーホール、ええなぁ。なんか外国に来た気分だ。でも一人はさびしいぞ。。。周辺によさげなお店がわんさとあるというのに。
[PR]
by felice_vita | 2008-06-30 23:32 | 海外オケ

フィギュア 最強日本の次シーズン

久しぶりにフィギュアスケート。まさしくDream。

ミキティ、なんと世界選手権からー7キロ、体調も良くなかったらしいが、ラヴェル「ボレロ」はかなり好感触。彼女の課題は本番にどれだけベストコンディションで臨めるか。毎回大会の度に故障、体調不良、フィギュア選手の常として怪我との戦いはしかたないものの、スケートに対してよりもメンタル面が作用してすべりにも影響しているようなので、彼女にとってはこれが選手としてのもっとも克服すべき課題なのだろう。
でも今日のスケーティング、肩から指先までの使い方がやわらかく優雅で、ジャンプも軽い。
期待してます。

高橋大輔、早くもショートプログラムを発表。ラテンの情熱がほとばしるような音楽が、前シーズンまでロシアプログラムが彼にはぴったり!と思っていた先入観を一気に覆す。
ジャンプも余裕。これから滑り込んで、完成型はどれほどレベルの高いものになっていることか。

真央ちゃん。彼女もラテンに挑戦。難しいエッジ使い、ステップも普通に呼吸するかのごとく身についたものに。スピンのポジションも美しい!さらに孤高の領域に挑んでいくのか。

最強日本。今年のテーマはみんなそろってラテン系???
日本人がこんなの滑れるとは思ってませんでした。時代は変わったのですね。

でも今宵一番はランビエール。情熱のフラメンコに悶絶。
[PR]
by felice_vita | 2008-06-29 21:53 | スポーツ

2人の歌姫

続けて2冊、オペラ歌手の本を。

『ボリショイの歌姫 心の旅』川副千尋 著
ロシアオペラを生で聴いたことがない。「2005年 ボリショイ歌劇場記念館殿堂入りを果た」された著者、ソプラノ歌手川副千尋さん、ぜひ拝聴したいもの。
直近の予定を探すと、
2008年7月20日(日)14:00~ 神奈川県立音楽堂@横浜


『伊藤敦子 望郷のミラノ ~スカラ座を夢見たオペラ歌手の生涯』千厩ともゑ 著
まったく聞いたことがなかったオペラ歌手。
三浦環の後を受ける年代で渡イタリア。この時代で名前が残っている女性の人生は本当に波乱万丈。関東大震災、ムッソリーニ、第二次世界大戦・・・
スカラ座はいつまでたっても別格なのだな。
[PR]
by felice_vita | 2008-06-29 14:17 | 読書

初銀ブラ

先週から結構バタバタしておりすっかり忘れていたが、気がつけば東京4ヶ月。今度こそ、ようやくようやく仕事の見通しというのがつき始めたかんじ。1つ1つ、ゆっくりと丁寧に。これからもがんばるべし。

今日は関東3年目の大阪の友人と銀座で待ち合わせ。
とりあえずランチ。三笠会館M2階イタリアン、トラットリア・メッツァニーノ。
スペシャルランチはアンティパストミスト(夏野菜のテリーヌ、プロシュート、鮮魚のカルパッチョ)、ミネストローネ、メインお肉(仔牛フィレ肉のサルティンボッカ)、デザート(ガトーショコラ・ソルベ添え)、自家製パーネ、カフェで税込み2500円也。全体的に味濃い目。 

テレビで見た銀座、歩くのは初めて。歩行者天国、広い!大阪も週末の御堂筋(なんば~心斎橋)やったらええのに。
結構な数のお店で早くもサマーバーゲンスタート。
あちこち見たが人多すぎで戦利品は長傘1本、折りたたみ傘1本。

友人と大阪東京比較論で大いに盛り上がる。
東京生活先輩の友人談。

大阪に比べて東京は、、、

(ネガティブ部門)
・人が歩くのが遅いっっ おまけに横並びで歩くなっちゅーねん
・冬寒すぎ。雪もよう降るし。
・テレビがつまらん。笑いのツボが違う~(たかじん、上沼恵美子、なるみが恋しい)
・粉モンはじめB級グルメがイマイチ(お好み、たこやき、餃子えとせとら。うどんは「ありえへん・・・」)
・タクシーが怖い。大阪ってイメージと裏腹にタクシーの運ちゃんはフレンドリー♪やんか。

(ポジティブ部門?)
・梅雨は爽やか、夏が涼しい(いつ真夏だったのかわからへん。気がついたら秋)
・スウィーツが美味
・公園がちゃんとした公園(おっちゃん達がおらへんし)
・男性がと~ってもお洒落
・無駄に(笑)イケメンが多い(ラーメン屋とか本屋とか、不必要なところでイケメン)
・美容院はイケメンばっかしで緊張してもて肩こるわ~

お金さえあれば東京って最高やで。
[PR]
by felice_vita | 2008-06-28 22:34 | 日々雑記

キャーヴ・ド・ポール・ボキューズ

一日広尾で外勤。
午前の部がさくっと終わったので午後の部までゆっくりランチできることになり近くにある「キャーヴ・ド・ポール・ボキューズ」へ。
ランチは2,680円のプリフィクスになっていて、前菜、メイン、デザートがそれぞれ数種類の中から選べます。私は鴨のテリーヌ、仔羊のナヴァラン、クレーム・ブリュレをいただきました。
どれも美味しい上にデザートまでしっかり食べ応えありの内容。お店の雰囲気もgoodだし、この値段はお得です。ワインもいろいろありましたが勤務中ゆえ・・・。夜もリーズナブルにいただけるみたいで、今度は夜ワインをいろいろ試しながらいただきたいです。
お昼だからか、お客さんは女性ばかりで大阪のポンテ・ベッキオ思い出す。知り合い男性がランチ接待でいったところマダムばかりで「奥さんは自分が働いている間こんなことしてるのか」と憤慨した、という・・・。

広尾もだけど、東京って本当に緑が多い。
時間の流れがゆっくりで、外勤終わって夜職場に戻ったとき時差?を感じました。
[PR]
by felice_vita | 2008-06-27 23:12 | グルメ

樫本大進&コンスタンチン・リフシッツ デュオ・リサイタル

6時半過ぎで仕事をなんとか切り上げ初台へ。開演10分前には到着。ここって本当に近くって便利。

樫本大進&コンスタンチン・リフシッツ デュオ・リサイタル
2008年6月26日(木)19:00~@オペラシティ
[出演]
樫本 大進(Vn) 使用楽器はグヮルネリ
コンスタンチン・リフシッツ(Pf)

[曲目]
ショスタコーヴィチ:ピアノ・ソナタ 第2番 ロ短調 Op.61 (リフシッツ)
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン・ソナタ Op.134 (デュオ)
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第9番 イ長調 Op.47 「クロイツェル」 (デュオ)
※アンコール
ショスタコーヴィチ:クロイツェル・ソナタ

ハプニングが2つ。
まず1つ目。
ショスタコのヴァイオリンソナタ第2楽章で樫本氏ヴァイオリンの弦切れる!!!
うひゃっと2人顔を見合わせ樫本氏下手袖へ。弦も切れるだろうよ、っていう位弦も弓も酷使する曲です。しばらくたって小走りで登場、拍手、再開。さらにテンション上がった感じ!
昔、大フィル&諏訪内さん@フェスでショスタコやったときはじめのところでドルフィンの弦が切れたことがあったが、ショスタコってヴァイオリン泣かせなのか・・・あの時の諏訪内さん、「あらま」って顔で大きなお目目がさらにまん丸になりながらも何事もなかったかのように冷静に舞台袖に引っ込んでこれまた何事もなかったように帰ってきてはじめからスタートしたのでした。

のっけがリフシッツ氏のピアノソロ、それからデュオでショスタコ。激しいというか聞き手も緊張を強いられるので結構疲れる。が、ショスタコの不思議なところは聞けば聞くほど病み付きになるところ。きっとこの2曲も聞き込めば癖になるんだろうな。

休憩挟んでハプニング2つ目。
暗くなっていた会場が明るくなり拍手が起こる。みんな立ち上がって2階に向かってだんだん大きな拍手に。何事?と振り返って見上げると・・・
なんということ!皇后美智子様のお出ましであられましたよ。なんて品のある、、、という言い方自体が下品になっちゃうほど独特のオーラをお持ちでいらっしゃいます。

気分を落ち着けて後半、ベートーヴェンのクロイツェル。

この演奏、すんばらしかった!!!
樫本氏、変幻自在のコントロールというか。リフシッツ氏も継続してまったく容赦ないピアノ(笑)。これぞデュオ。
先日のN響レスピーギがフェラーリなら、このクロイツェルは5月の薫風の中ポルシェのカブリオーレでアウトバーンを気分よく駆け抜ける感じ。ちょっとアクセルに足を乗せるだけで無駄な振動もなく優雅に進むこと・・・
彼自身ドイツが長かったから?ベートーヴェンの素晴らしさが堪能できる名演奏でした。

アンコールのショスタコのクロイツェル、という構成も愉快!
バッハのような、チャルダーシュのような、映画音楽のような、短いながらも切れの良い演奏で、会場大いに盛り上がる。

ブラヴィイですよ~ ご両人。演奏後の2人も男の友情ってなかんじがして。

久しぶりにヴァイオリンのソロ聴いたのですが、やっぱりtuttiとsoloってぜんぜん違う。
聴衆の耳が目が集中する中で、ひとりなり二人なりでそれを受け止め大きなパワーでもって返すのだから。
しつこいけど、ベートーヴェンのクロイツェル、よかったよー
こんなに演奏途中からワクワクして聴いたクロイツェルって久しぶりでした。

カーテンコールも終わり。時に9時20分。デュオリサイタルで休憩ありとはいえ1時間20分です。
熱い拍手、惜しみない賞賛。聴衆も大満足。
会場が明るくなり「もうお帰りよ」の合図。再び注目するは美智子様。拍手でお見送り。
警備も全然厳しくなくてびっくり。

いい演奏会だったな~
オペラシティ、秋にはバルトリもくることだし、会員になるべきか。
[PR]
by felice_vita | 2008-06-26 22:18 | ソロ、リサイタル

祝!W杯3次予選通過

うちにはテレビがないもので、これを見るために今日ドコモショップに走り、携帯をワンセグに変えました。
P906、Viera携帯、いいですよ~

それにしても点が入らんっ。チャンスはあれだけあったのに、、、、
もう1点も入らないのかと思っていたら最後の最後になんとか形はついたけど。悪天候の中応援に行ったサポーターのためにも点をいれてくれないと。ホームだしさ。

次は最終予選。課題は山積み。ここにいたっても長年言われ続けている得点力不足が克服できてないんだもんなぁ。
EURO2008やってるだけに差は歴然・・・
[PR]
by felice_vita | 2008-06-22 21:32 | スポーツ

N響第1623回定期Cプロ

6月になったとたん、レスピーギのローマシリーズが異常に聴きたくなっていたところにN響がやるというニュース。タイミングよし!

NHK交響楽団 第1623回定期公演Cプログラム
指揮:マッシモ・ザネッティ
コンマス:篠崎 史紀
@NHKホール

ラヴェル:スペイン狂詩曲
フォーレ:組曲「ペレアスとメリザンド」
レスピーギ:交響詩「ローマの松」「ローマの祭り」

初めての東京NHKホールでのN響定期。同僚の素敵なお姉様にひっついて原宿下車、代々木公園沿いを歩きNHKホールに到着。ロビーでは弦楽五重奏(ブラームス)を演奏中。
人が多い!年寄りが多い(失礼)、若者(高校生)が多い!しかも多くが弁当広げてロビーで談笑中。さすが皆様のNHK・・・ 飲食厳禁の某ホールとは違いますな。

マッシモ・ザネッティさんの略歴を拝読。
「オペラでの活躍が顕著なイタリア出身の指揮者・・・昨年は《マクベス》でサンフランシスコ歌劇場にデビュー」
、って去年11月に聴いてたやん!
一気に親近感です。

お目当ては後半のレスピーギだったので前半の感想は割愛。
レスピーギ、今の季節、夏に向けてぴったりの曲です。レスピーギも、それを指揮するザネッティさんも衒いがない、洒落というか粋。これぞイタリア、ベンツではなくフェラーリの国です。うーん、たまらん。
N響の金管はうまいなぁ。トランペット絶好調。打楽器ブラヴィ。リムスキー・コルサコフに学び、後のハリウッド映画に影響を与えたというレスピーギ。さもありなん。シドニーの往復機中でリムスキー・コルサコフの「スペイン交響曲」を聞いたばかりの耳なので特にその影響がわかります。ハリウッド映画では「荒野の七人」の音楽かな?映像的な音楽です。
あふれる音の泉。ローマ三部作の第1曲「ローマの噴水」よりも後半2曲のほうがどんどん噴水というか花火っぽくなっています。ザネッティさんの演奏は音のつながり、スラーよりも、縦の音符、、和音とかリズムをきっちりとされているようで。あぁイタリアに行きたい!!!
レスピーギのローマ~ というと、生演奏には足を運ばなきゃと痛感させられたきっかけの曲。
今から4年前ですか、ネッロ・サンティ氏指揮PMF、迷った末行かなかったところ、後日録音で聞いた演奏があまりにも素晴らしくて聞きにいかなかったことを激しく後悔。以降、気になる演奏にはなるべく足を運ぶようになったのでした。

いやぁ素晴らしい1夜でした。久しぶりにアフターコンサートも楽しめ、東京といういまや世界でもトップ3に間違いなく入るであろう文化の都にいる幸福をしみじみ味わったのでした。
帰りの人ごみのすごさにはまたびっくりだったけど。
[PR]
by felice_vita | 2008-06-21 00:47 | 国内オケ

Hello,baby!

昨日午後、弟夫婦に2人目の男の子が誕生しました!
弟は今回は仕事で立ち会えなかったらしく残念だけど、母子ともに健康、何よりです。
早く会いに行きたいです~ 会う前からもうメロメロなおば馬鹿です。

1人目も6月生まれ、義妹も6月生まれ、ついでに妹も6月生まれ。
私の周りに続々と6月生まれが増えてきています。
[PR]
by felice_vita | 2008-06-18 21:57 | 日々雑記

観光するシドニー

2日間なので本当に限られた場所しか訪れませんでしたが満足感はありました。
いや、もう、どこか逃避行できればと、まったく期待せずに行ったものでその分予想外によいと得した気分。下調べもほとんどせずに旅行に突入しましたがそれでも治安が良いのもあって不便はなかったです。
ガイドブックでは観光ルートバスの利用がよく書かれていますが、その必要はないのでは。
チャイナタウンからサーキュラー・キー、フィッシュマーケットからハイドパーク、東西南北、余裕で歩けます。
両替のレートがびっくり。成田・シドニーの空港より、市内の銀行よりも街中の両替商よりも一番レートがよかったのがDFS。予想外でした。

シドニー・タワーからの眺め。入場料お一人様25ドルでタワー入場料と、入場券売り場と隣り合った場所にあるオーストリア名所の3D体感型ミュージアム?の入場料を含みます。これに40ドル足せば、シドニータワーから外に出て!地上305メートルの高さを肌で感じられます・・・
ハーバー・ブリッジの超高層の橋上を歩くとか、オーストラリアの人って高いところがすきなのかしら。
f0041305_2155347.jpg
f0041305_21551488.jpg


セント・メアリーズ大聖堂。オーストラリアは英国国教会ではなくカソリックなんですね。
f0041305_224783.jpg


モノレールはビルの本当にすぐそばを走っていてびっくり!
f0041305_21552522.jpg


クィーン・ビクトリア・ビルディング(QVB)。美しいです。どのフロアも吹き抜けをぐるりと囲んでカフェが立地しています。
f0041305_21553717.jpg


ピアモント橋を歩いてフィッシュマーケットへいきます。
ここは歩行者と自転車のみ渡れます。周りの景色を見ながらだとあっというまに対岸へ。ハーバーサイドからフィッシュマーケットまでは約15分弱くらいでしょうか。シティと違って一気に人が少なくなり、空き店舗が目立ちます。好景気でマンションの値段もすごいらしいのにこの地区は取り残されているのか、お昼でもひっそりと寂しい。
f0041305_2202536.jpg


それにしても時期的なものもあるのかもしれませんが飛行機のすいていることといったら!
関空便のJALが撤退したのも納得。成田発でもYクラス130席の空席。こんなにすいた飛行機に乗ったのって何年ぶりかしら。成田からはカンタスも飛んでいるけれども発着時間差確か10分。いずれもワンワールド加盟だし、近い将来共同運航便になるのでは。

そしてあがりっぱなしの燃油サーチャージ。JALも7月から発券分で最高15,000円も上がります。中距離路線ではチケット代よりもサーチャージのほうが高いのかも。米系エアラインではもはや飲み物は有料だし、これからは預け入れ手荷物にも1個当たり15ドル課金されるとか。
旅行好きにはつらいご時勢です。
[PR]
by felice_vita | 2008-06-17 21:57 | 海外旅行